「クロップは感銘を受けた」 南野の健闘に海外注目「この瞬間を必死に求めていた」

先発フル出場の日本代表MF南野拓実とユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images & AP】
先発フル出場の日本代表MF南野拓実とユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images & AP】

南野はミッティラン戦で決勝弾を取り消されるも「クロップは南野が示したプレーに感動していた」

 リバプールは現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節でミッティラン(デンマーク)と対戦し、敵地で1-1と引き分けた。先発フル出場の日本代表MF南野拓実は終了間際にゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、無念の取り消しに。そんななか、リバプール専門メディアは「クロップは南野に感銘を受けた」と見出しを打って取り上げている。

 すでに首位突破を決定させているリバプールは、主力組の大半を温存する大幅なローテーションを採用し、南野はインサイドハーフで先発を飾った。試合は開始55秒にエジプト代表FWモハメド・サラーが電光石火の先制点をマーク。しかし、後半14分にVAR判定でミッティランにPKを献上し、同点とされる。  

 1-1で迎えた後半43分、日本代表の背番号「10」に最大のチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内で途中出場のセネガル代表FWサディオ・マネの落としを拾った南野が右足で押し込み、劇的な決勝弾を奪ったかに思えたが、再びVARが介入すると、直前のマネのプレーにハンドがあったとして取り消しとなった。

 南野にとって悔しい結末となったが、リバプール専門メディア「ROUSING THE KOP」は「クロップは南野に感銘を受けた」と見出しを打ち、インサイドハーフでフル出場した南野について、「日本代表は新たに立場を築いた。クロップは南野が示したプレーに感動していた」と取り上げている。

 記事では、「南野はこの瞬間を必死に求めていた。出場機会が与えられていないため、ここでクロップを感動させる必要があった。南野がもっと出番を重ねるための唯一の希望が、より多くのポジションでプレーできることの証明だ。彼がカバーできる分だけ、チャンスは巡ってくる」と指摘していた。結果は残せなかったものの、ユルゲン・クロップ監督の印象には残ることができたかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング