リバプール南野、VAR判定で“幻の決勝ゴール”に韓国メディアも言及 「不運だった」

ミッティラン戦にスタメン出場をしたリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
ミッティラン戦にスタメン出場をしたリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

CLミッティラン戦で後半43分にネットを揺らすも、ハンドがあったとして得点取り消し

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節ミッティラン(デンマーク)戦にフル出場。終了間際にゴールネットを揺らすも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末に得点は取り消され、無念の1-1ドローとなった。韓国メディアは「不運だった」と伝えている。

 すでに首位突破を決定させているリバプールは、主力組の大半を温存し、南野はインサイドハーフで先発出場した。試合は開始55秒にエジプト代表FWモハメド・サラーが電光石火の先制点をマーク。しかし、後半14分にVAR判定でミッティランにPKを献上し、同点とされる。

 1-1で迎えた後半43分、南野に最大のチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内で途中出場のセネガル代表FWサディオ・マネの落としを拾った南野が右足で押し込み、劇的な決勝弾を奪ったかに思われた。しかし、再びVARが介入すると、直前のマネのプレーにハンドがあったとしてノーゴール判定。試合は1-1の引き分けに終わった。

 韓国紙「朝鮮日報」は「南野拓実は劇的な決勝ゴールを挙げたが、VARにより最終的に取り消された。不運だった」とレポート。韓国紙「スポーツ韓国」も「南野は劇的な勝利をもたらしたかと思われたが、VARによる確認の末、ハンドがあったとされてゴールは取り消された。結局、南野はリバプールのユニフォームを着てチャンピオンズリーグ初ゴールを決めることに失敗した」と伝えている。

 動き自体は悪くなく、限られたチャンスでアピールに成功したかに思われただけに、南野にとっても痛いノーゴール判定となった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング