「クロップがヒントを残した」 南野の“新ポジション発掘”を英紙指摘「役割を見つけたかも」

ミッティラン戦にスタメンフル出場となったMF南野拓実【写真:Getty Images】
ミッティラン戦にスタメンフル出場となったMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールはミッティランに1-1と引き分け 南野は決勝弾取り消しも「将来セントラルMFに配置されるヒントを残した」

 リバプールは現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節でミッティラン(デンマーク)と対戦し、敵地で1-1と引き分けた。先発フル出場の日本代表MF南野拓実は終了間際にゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、無念の取り消しに。そんななか、英メディアは「新しい役割を見つけたかもしれない」と南野の新ポジション発掘の可能性を指摘している。

 すでに首位突破を決定させているリバプールは、主力組の大半を温存する大幅なローテーションを採用し、南野はインサイドハーフで先発を飾った。試合は開始55秒にエジプト代表FWモハメド・サラーが電光石火の先制点をマーク。しかし、後半4分にVAR判定でミッティランにPKを献上し、同点とされる。

 1-1で迎えた後半43分、日本代表の背番号「10」に最大のチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内で途中出場のセネガル代表FWサディオ・マネの落としを拾った南野が右足で押し込み、劇的な決勝弾を奪ったかに思えたが、再びVARが介入すると、直前のマネのプレーにハンドがあったとして取り消しとなった。

 南野にとって悔しい結末となったが、英紙「デイリー・ミラー」は「クロップは南野拓実のリバプールでの将来について決断を下したヒントを残した」と見出しを打ち、「南野は今年1月にリバプールに加入して以降、苦戦を強いられてきたが、今回のCLでは馴染みのない役割を託された」と取り上げている。

 ミッティラン戦ではインサイドハーフで先発フル出場を果たした南野について、「今夏に加入したジョッタに序列で追い抜かれたものの、彼は今、新しい役割を見つけたかもしれない。クロップは、彼が将来セントラルMFに配置されるヒントを残した」と、中盤として計算できる選手になる可能性を指摘している。

 今季リーグ戦初先発を飾ったプレミアリーグ第10節ブライトン戦(1-1)でもインサイドハーフとしてプレーした南野。前線ではポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが覚醒していることもあり出番が激減している状況にあるが、ユルゲン・クロップ監督は今後中盤としての起用を前向きに検討しているのかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング