「タクミがVARの犠牲者に」 南野、ノーゴール判定の“疑惑の瞬間”に英注目「奇妙なジャッジ」

リバプールMF南野拓実のゴールはVARで取り消しに【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実のゴールはVARで取り消しに【写真:Getty Images】

リバプールはミッティランに1-1と引き分け 南野は終了間際にゴールネット揺らすもVAR判定で取り消しに

 リバプールは現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節でミッティラン(デンマーク)と対戦し、敵地1-1と引き分けた。先発フル出場の日本代表MF南野拓実は終了間際にゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、無念の取り消しに。英メディアは「奇妙なジャッジ」「タクミ・ミナミノがVARの最新の犠牲者に」と“疑惑の瞬間”を取り上げている。

 すでに首位突破を決定させているリバプールは、主力組の大半を温存する大幅なローテーションを採用し、南野はインサイドハーフで先発を飾った。試合は開始55秒にエジプト代表FWモハメド・サラーが電光石火の先制点をマーク。しかし、後半14分にVAR判定でミッティランにPKを献上し、同点とされる。

 1-1で迎えた後半43分、日本代表の背番号「10」に最大のチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内で途中出場のセネガル代表FWサディオ・マネの落としを拾った南野が右足で押し込み、劇的な決勝弾を奪ったかに思えたが、再びVARが介入すると、直前のマネのプレーにハンドがあったとして取り消しとなった。

 試合は1-1の引き分けに終わったが、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「マネのハンドという奇妙なジャッジで、南野はゴールを取り消された」と見出しを打ち、「タクミ・ミナミノがVARの最新の犠牲者になった」と取り上げている。ネットを揺らした場面について「真の狩人のようにボールに喰いついた」と振り返っている。

 最終的にはマネのハンドを取られることになったが、「マネと空中戦で対峙した相手DFディオン・コールズがハンドを取られる可能性が高かったように見えたが、VARは奇妙なことに、マネのハンドという判定を下した」と、マッチアップした相手選手のハンドだったのではないかと疑問符を投げかけている。

 リバプールは今季、攻守ともにVARのジャッジに苦しめられているが、この日のVAR判定も国内で物議を醸している。出場機会の確保に向け、限られたチャンスで結果を出すアピールが必要な南野にとっても、大きな影響を受けることになったのは確かだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド