先発の南野、“幻の決勝弾”も英地元紙は採点で高評価 「素晴らしいエネルギーと稼働率」

ミッティラン戦にスタメン出場をしたリバプールMF南野拓実(写真左)【写真:Getty Images】
ミッティラン戦にスタメン出場をしたリバプールMF南野拓実(写真左)【写真:Getty Images】

リバプールはミッティランに1-1と引き分け 南野は終了間際にゴールネット揺らすもVAR判定で取り消しに

 リバプールは現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節でミッティラン(デンマーク)と対戦し、敵地1-1と引き分けた。先発フル出場の日本代表MF南野拓実は終了間際にゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、無念の取り消しに。それでも英地元紙は南野に対し高評価を与え、「素晴らしいエネルギーと稼働率だった」と称賛の言葉を送っている。

 すでに首位突破を決定させているリバプールは、主力組の大半を温存する大幅なローテーションを採用し、南野はインサイドハーフで先発を飾った。試合は開始55秒にエジプト代表FWモハメド・サラーがクラブのCL史上最速となる先制点をマーク。しかし、後半14分にVAR判定でミッティランにPKを献上し、同点とされてしまう。

 1-1で迎えた後半43分、日本代表の背番号「10」に最大のチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内で途中出場のセネガル代表FWサディオ・マネの落としを拾った南野が右足で押し込み、劇的な決勝弾を奪ったかに思えたが、再びVARが介入すると、直前のマネのプレーにハンドがあったとして取り消しとなった。

 南野としては悔しい結末となったが、英地元紙「リバプール・エコー」はミッティラン戦に出場した選手に10点満点中の採点を行い、先発フル出場を果たした日本人アタッカーに7点と高評価を与えた。「決勝弾は残酷に取り消された。また、ジョタに見事なクロスを供給し、前半に結果を残すことができる可能性もあった。素晴らしいエネルギーと稼働率だった。しかし、試合が進むごとに疲労感が増していった」と指摘している。

 なんとしても結果は残したかった南野だが、先月22日に行われたプレミアリーグ第9節レスター・シティ戦(3-0)の採点で同メディアに「Good evening sir(こんばんは)」の一言だけが添えられる厳しい扱いを受けていただけに、明らかな称賛の言葉を送られ、寸評を劇的に挽回できたことはポジティブな要素と言えるだろう。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング