「CLで証明しろ」 南野拓実の苦境に韓国メディア言及 「取り返しのつかない状況に置かれる」

苦しい立場のリバプール日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
苦しい立場のリバプール日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

ジョッタの台頭もあり、苦しい立場の南野に韓国メディアも見解

 リバプールは現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節でミッティラン(デンマーク)と対戦する。すでに首位通過を決めていることもあり、日本代表MF南野拓実らバックアッパーにチャンスが与えられると予想されるが、韓国メディアは「チャンピオンズリーグで証明しろ」と崖っぷちの状況に触れた。

 南野は11月28日のプレミアリーグ第10節ブライトン戦で、今季初の先発フル出場。4-3-3のインサイドハーフとして出番を得たが、インパクトを残すことはできず、チームも1-1で引き分けた。12月1日のCLグループステージ第5節アヤックス戦(1-0)、6日のプレミアリーグ第11節ウォルバーハンプトン戦(4-0)ではベンチ入りしたものの、出場機会を与えられないまま試合を終えている。

 新加入のポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが得点を量産して前線のレギュラー争いに食い込む一方、所属2年目を迎えた南野はバックアッパーの域から抜け出せていない。

 英地元紙「リバプール・エコー」は、「タクミ・ミナミノの状況はディボック・オリギほどドラスティックではないが、アンフィールドでインパクトを残すためにこれ以上の時間を無駄にしたくはないだろう。ミナミノはアンフィールドに来て1年になるが、まだ本格的に活躍していない。今シーズンは明るいスタートを切ったあと、特に苦しんでいる」と伝えていた。

 韓国のスポーツ・芸能総合サイト「スポータル・コリア」は、「リバプール・エコー」紙の報道を受け、「チャンピオンズリーグで証明しろ。ノーゴールの南野に奮起を促す」との見出しで見解を述べている。

「南野は今季公式戦でスタメンが2回(リーグ戦1回、チャンピオンズリーグ1回)、リーグ戦とチャンピオンズリーグでの出場時間は計246分間にすぎない。ゴールはゼロだ。格下のミッティラン戦でも沈黙が続くようなら、取り返しのつかない状況に置かれる」

 苦しい状況が続く南野だが、なんとか突破口を見出したいところだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング