南野拓実は「立場が本当に危うい」 CL最終節が“最終テスト”になる可能性を専門メディア指摘

リバプールMF南野拓実はスタメン奪取に向けて良いアピールができるだろうか【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実はスタメン奪取に向けて良いアピールができるだろうか【写真:Getty Images】

すでにグループ首位通過を決めて迎えるミッティラン戦はアピールするチャンス

 リバプールは現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節でミッティラン(デンマーク)と敵地で対戦する。すでにグループ首位通過を決めており、主力温存が見込まれるなか、リバプール専門メディアは南野の起用法にフォーカスしている。

 南野は11月28日のプレミアリーグ第10節ブライトン戦で、今季初の先発フル出場。4-3-3のインサイドハーフとして出番を得たが、インパクトを残すことはできず、チームも1-1で引き分けた。12月1日のCLグループステージ第5節アヤックス戦(1-0)、6日のプレミアリーグ第11節ウォルバーハンプトン戦(4-0)ではベンチ入りしたものの、出場機会を与えられないまま試合を終えている。

 新加入のポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが得点を量産して前線のレギュラー争いに食い込む一方、所属2年目を迎えた南野はバックアッパーの域から抜け出せていない。

 リバプール専門メディア「Rousing The Kop」は、「南野拓実はミッティラン戦に出場しなければならない。さもなければ、立場は本当に危うい」との見出しで、南野が置かれている現状を分析している。

「過密スケジュールを考えると、選手を休まる必要性が高まる。おそらく、ミッティラン戦でスタメンになる1人は南野拓実だろう。南野はミッティラン戦に出場できない場合、彼の居場所はどこ? 南野は今年1月に700万ポンド(約9億6000万円)で加入して以来、順調な活躍は見せられていない。“忘れられたプレーヤー”になることも多く、試合終了間際に数分、あるいは出番なしに終わる。ブライトン戦はフル出場したが、中盤で苦労した」

 記事では、ジョッタの台頭が南野の立場をより難しくし、怪我人も戻ってくればプレー時間はさらに保証されなくなると見立てている。

「南野は必死に役割を得ようとしているが、ここ(リバプール)でどのようにキャリアを切り開いているか、説明するのは難しい。ディオゴ・ジョッタの活躍は、南野の役割を非常に難しくしている。それが、彼がミッティラン戦でスタメン出場を必要とする理由だ。そのチャンスがない場合、南野はチームから消えていく。怪我人が戻ってきたら、危険な立場にいる」

“崖っぷち”の状況が近づきつつある南野だが、ユルゲン・クロップ監督に強烈なインパクトを残す活躍ができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング