「いい感じ」 レアル17歳中井卓大、実戦時の“プレー連続ショット”投稿にファン反応

レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡 健三郎】
レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡 健三郎】

プレー写真を投稿すると「ピピ頑張って」「ファイト」とコメントが続々到着

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織に在籍するMF中井卓大は、12月5日に自身のインスタグラムとツイッターを更新。「いい感じ」とプレー写真を投稿し、調子の良さをうかがわせている。

“ピピ”の愛称で知られている中井は、2013年に9歳でレアルの下部組織に入団。加入後から順調に昇格し、今季からフベニールB(U-18相当)に所属しているが、今年8月に開催されたフベニールA(U-19相当)の選手が出場するUEFAユースリーグに“飛び級”で登録された。

 10月の国際Aマッチウィーク中には、レアルは代表選手が多く在籍するためトップチームの人員が不足。それに伴い、ジネディーヌ・ジダン監督は中井をトップチームのトレーニングに招集し、ブラジル代表DFマルセロや元フランス代表FWカリム・ベンゼマらも参加したゲーム形式の練習映像はスペイン大手紙「AS」などを中心に多くのメディアに取り上げられた。

 17歳となり、さらなる成長が期待されるなか、中井は自身のSNSに実戦でのプレー写真とともに、「いい感じ」と投稿。「レアルで久保くんとの共演楽しみにしときます!笑」「ピピ頑張って」「ファイト」といったコメントが寄せられている。

 将来的に、日本代表MF久保建英(ビジャレアル)とレアルのトップチームで共演する日は訪れるのか。ファンも大いに期待している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド