マンUの “頭突き事件”が反響拡大 複数人が入り乱れる事態に発展「乱闘騒ぎの状況で…」

両チーム入り乱れる事態に発展【写真:AP】
両チーム入り乱れる事態に発展【写真:AP】

マンUはPSGに1-3で敗戦 退場処分のフレッジは相手MFパレデスに頭突きを見舞う

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間2日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、1-3で敗れた。この試合で退場処分を命じられたブラジル代表MFフレッジが相手MFレアンドロ・パレデスにお見舞いした“頭突き騒動”が世界で反響を呼んでいる。

 勝利すれば決勝トーナメント進出を決めることのできるユナイテッドだが、1-1で迎えた後半24分に相手DFマルキーニョスに勝ち越しゴールを許すと、その直後、フレッジが相手MFエレーラへのタックルで2枚目のイエローカードを受け、退場処分が命じられた。後半アディショナルタイムには相手FWネイマールに追加点を奪われ、1-3で敗北を喫した。

 そんななか、反響を呼んでいるのがフレッジの1枚目のイエローカードの場面だ。前半22分、フレッジが相手MFレアンドロ・パレデスと口論の末に、頭突きをお見舞い。それをきっかけに両チーム入り乱れるいざこざにまで発展し、一触即発の展開となった。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「フレッジが“頭突き事件”で受けたのはイエローカードのみとなった」と見出しを打つと、英地元紙「マンチェスター・イブニング。スタンダード」は「乱闘騒ぎの状況でフレッジにイエローカードが提示された」と取り上げている。一発退場のジャッジでも不思議ではない場面だったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング