元日本代表DFが引退直後に“シャッター製造” 第2の人生を工場勤務で歩み始めた理由

浦和レッズ時代の永田充さん【写真:Getty Images】
浦和レッズ時代の永田充さん【写真:Getty Images】

工場長も驚き「製造を希望した元Jリーガーは初めて」

 大手総合建材メーカーの文化シヤッターは、16年から東京ユナイテッドのユニフォームスポンサーになっていた。永田は懇意にしている経営企画部の曽根政行広報室長に相談し、栃木県小山市の小山工場を見学させてもらった。

 ほかに2つの企業を訪ねていた永田は、「工場を隅々まで案内していただき、一つひとつ細かい説明を受けた。工場というと危ない印象もあったけど、安全性にも優れていました」と文化シヤッターの第一印象について話すと、「ここで働きたいと思ったのは工場長の人柄です。どんな質問にも丁寧に答え、優しく指導してくれました。トップの人なのに気さくだし、この人なら頼れると思った」と入社を強く希望した。

 執行役員でもある蓮見幸夫工場長は初対面の際、「サラリーマンは大変ですよ。特に工場勤務となれば夏は暑いし冬は寒くて、サッカーの世界とはまるで環境が違う」と言って、永田のやる気と気持ちを確かめた。

 腹は固まっていた。曽根広報室長は「工場見学の翌日には、お世話になりたいという連絡がありました」と振り返る。会長や社長とも面談し、晴れて正社員として採用された。

 文化シヤッターには永田のほかにも3人の元Jリーグ選手が所属するが、いずれも営業職だ。サッカーマンは規律と約束事を身に付け、礼儀正しくコミュニケーション能力も高いだけに営業部門が似つかわしいかもしれない。しかし永田は製造業コンサルのためには、工場での従事が必須であることを理解していた。

 全国に7つある工場のうち、1968年操業の小山工場は会社を代表する基幹工場だ。蓮見工場長はこれまで複数の工場に赴任しては生産性を高め、人材育成などで手腕を発揮してきた。「製造を希望した元Jリーガーは初めてなので驚きましたが、日本代表経験者とあり、やはり負けず嫌いですね。できるまでやるんだ、という内に秘めたものを感じます」と目利きの確かな工場長は、永田をこう評した。

 かくして第2の人生がスタート。一般の新入社員に先行し、新型コロナウイルスの感染が拡大していった3月25日に入社。小山工場の業務課に配属された。「今までやんちゃな人たちとずっと(サッカーの)仕事をしてきたので、立派な企業でものづくりに関われるのは嬉しいし、ありがたいし、やりがいを感じる」と現役時代と変わらぬ淡々とした口ぶりの中にも、次のステージに向けた決意をにじませた。(文中敬称略)

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング