香川真司、元同僚MFと“合同自主トレ”写真投稿 兄貴分グロスクロイツも絵文字でエール

無所属の状態が続く香川真司【写真:Getty Images】
無所属の状態が続く香川真司【写真:Getty Images】

サラゴサと契約が満了し、同じく所属先が決まっていないMFダニエル・トーレスと練習

 スペイン2部サラゴサを契約解除となったMF香川真司は、現在フリーの状況が続いている。新天地を求め、再び移籍市場が開く来年1月を見据えていると報じられているが、公式インスタグラムで元同僚とトレーニングに励んだことを明かしている。

 昨季サラゴサに加入した香川は、開幕当初こそ先発出場を重ねていたものの、シーズン中盤からは出場機会が減少。終盤にはトップフォームを取り戻し、1部昇格プレーオフでは好プレーを見せたが、チームは準決勝敗退で昇格を逃す結果となった。

 2部での戦いが続くことが決まると、EU圏外枠選手で高給な香川の放出が報じられるようになり、10月2日に両者合意のうえでの退団が決定。その後は、スペイン2部サバデルやドイツ2部ハンブルガーSV、ギリシャ1部PAOKサロニカなどからの興味が報じられるも、現在に至るまで所属先は決まっていない。

 スペイン地元紙「エル・ペリオディコ・デ・アラゴン」は、「カガワは何日か練習で(サラゴサの)クラブ総合練習場の施設を利用しているが、ほとんどのフィジカル練習は十分な施設のある自宅でやっている」とし、来年1月に冬市場が開き、外国人枠が余っているクラブからのオファーを待っていると報じていた。

 そのなかで、香川はインスタグラムで「ダニエル・トーレスと一緒に練習」と綴り、今年1月にアラベスと契約解除してサラゴサ入りした元コロンビア代表MFダニエル・トーレスとの2ショットを投稿。昨季限りでサラゴサとの契約が満了した31歳のトーレスも、現在は所属先がまだ決まっていない。

 投稿には、ドルトムント時代の同僚である元コロンビア代表FWグスタボ・アドリアン・ラモス(現アメリカ・カリ)や、同じくドルトムント時代に仲の良かった元ドイツ代表DFケビン・グロスクロイツ(現ユルディンゲン)らも絵文字で反応。香川の新天地決定を祈っている様子だった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング