久保建英はレアルにインパクトを与えたか 現地識者が現状を分析「主役級の役割を…」

スペイン各紙の評価対象にはほとんどならなかった【写真:高橋智行】
スペイン各紙の評価対象にはほとんどならなかった【写真:高橋智行】

ELでハイパフォーマンスを維持し、チャンスを手にできるか

 実際、久保は今季のリーガ10試合(先発1試合)でわずか172分間の出場、0得点0アシストと出番に苦しんでいる。一方、UEFAヨーロッパリーグ(EL)では全3試合に先発して254分間出場、1得点3アシストと申し分ない結果を残している。

 リーガでスタメン入りするためには、まずELでこれまで同様のハイパフォーマンスを維持する必要があるだろう。そして、今後訪れるリーガでのチャンスを逃さず、一つひとつ確実にものにしていかなければならない。

 リーグ開幕から10試合を戦い5勝4分1敗で勝ち点19を獲得し、暫定3位につけるビジャレアル。この後、26日にアウェーで行われるELグループステージ第4節でマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦する。さらにその3日後の29日、首位レアル・ソシエダとの難しいアウェーゲームを控えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング