久保建英はレアルにインパクトを与えたか 現地識者が現状を分析「主役級の役割を…」

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】“保有元”レアル戦に後半44分から出場、エメリ監督は会見で苛立ち

 ビジャレアルは現地時間21日にホームで行われたリーガ・エスパニョーラ第10節で、昨季王者レアル・マドリードと1-1で引き分けた。自身の“保有元”クラブとの対戦になった日本代表MF久保建英は、公式戦2試合連続、リーガでは3試合連続でベンチスタートとなった。

 ビジャレアルでは久保のほかに、FWジェラール・モレノ(スペイン代表)、DFパウ・トーレス(スペイン代表)、DFペルビス・エストゥピニャン(エクアドル代表)、MFサムエル・チュクウェゼ(ナイジェリア代表)の計5選手が各国代表に招集され、約2週間チーム練習に参加できなかった。そのような状況下で迎えた代表ウィーク明けの大一番、ウナイ・エメリ監督は3-1の快勝を収めた前節ヘタフェ戦の先発メンバーから、試合前日に負傷したエースのFWパコ・アルカセルをFWカルロス・バッカに代えただけだった。それ以外の10選手はすべて同じで、久保は再び控えとなった。

 試合はDFセルヒオ・ラモス、FWカリム・ベンゼマ、MFカゼミーロなど7選手が欠場したレアルが、前半2分にFWマリアーノ・ディアスのダイビングヘッドで先制する。その後はビジャレアルがより多くのチャンスを作ってシュート数で大きく上回り、後半31分にチュクウェゼがGKティボー・クルトワに倒されて獲得したPKを、G・モレノが決めて同点に追いついた。

 久保に出場機会が訪れたのは後半44分。保有元であるレアルとの対戦は3回目だった。マジョルカ時代の昨季、ホームで行われた第9節は後半途中から出場してチームは1-0で勝利。一方、アウェーの第31節は先発出場して高い評価を受けたが、0-2で敗れている。

 久保はMFモイ・ゴメスに代わってピッチに入り左ウイングでプレーすると、約4分間のわずかな出場時間のなか、G・モレノのパスをペナルティーエリア内左サイドで受け、クルトワとの1対1のチャンスを迎え、さらに得意のドリブルで相手MFトニ・クロースのイエローカードを誘発するなど存在感を発揮した。

 エメリは試合後の記者会見で、残り時間が僅かとなったなかでの久保の起用法に疑問を持った記者から、「レアル・マドリードのプレッシャーがあり起用したのか?」と忖度があったかを問われると、「質問が理解できない」と返答。再度「レアル・マドリードからの期限付き選手だから起用したのか?」と質問され、「クボは今シーズン、ビジャレアルと契約を結んでいる選手だ。私は自分たちの利益のために彼を起用しており、彼にとても満足している。私はビジャレアルや自分たちのことを考え、レアル・マドリードのことは考えていない。そのため、その質問は理解できない」と苛立ちを見せながら否定した。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング