メッシ、CLディナモ・キエフ戦でメンバー外 バルサ監督は“楽観的”な姿勢「快適な順位にいる」

ディナモ・キエフ戦ではメンバー外のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:AP】
ディナモ・キエフ戦ではメンバー外のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:AP】

バルセロナは24日に敵地でディナモ・キエフ戦に臨む 「2人には休息が必要だった」

 バルセロナはミッドウィークに行われるUEFAのチャンピオンズリーグ(CL)の招集メンバーを発表。大黒柱のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがメンバー外となった。ロナルド・クーマン監督は「休息が必要」とその理由を明かした。スペイン紙「AS」が報じている。

 リーガ・エスパニョーラで今季すでに3敗を喫するなど、暫定13位と苦しむバルセロナ。現地時間24日は敵地でのディナモ・キエフ戦に臨む。その試合に向けたメンバーから、CL3試合連続ゴール中のメッシやオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが外れた。

 クーマン監督はチームが攻撃に課題を抱えていることを認めつつも、メッシ外しの理由を次のように語っている。

「もし我々がいいプレーができなければ、ディナモ(・キエフ)に苦しめられることになるだろう。週末の試合では得点チャンスがありながら、それをものにすることができなかった。その部分については改善の必要がある。

 我々はレオ(メッシ)とフレンキーを連れて行かないと決めたのは、CLでは快適な順位にいるからだ。すでに9ポイントを獲得しているし、彼ら2人には休息が必要だった」

 リーグ戦で苦戦している一方、CLでは開幕から3連勝で首位に立つバルセロナ。2位のユベントスが勝点6で背後をピタリと追ってきているが、3位ディナモ・キエフと4位フィレンツヴァーロシュは勝点1にとどまっていることもあり、クーマン監督は楽観的な姿勢を示している。敵地での一戦ということもあり、主力2人にリフレッシュの機会を与えたようだ。

 またクーマン監督は、膝の負傷で長期離脱となったスペイン代表DFジェラール・ピケについては「我々は非常に経験豊富なセンターバックについて話している。当然、大きな損失だ。選手、チーム、クラブ、全員にとって悲しい出来事だ」と語った。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング