セビージャ“10番”ラキティッチ、故レジェス氏の息子にプレゼント 「多くの幸運を…」

今季からセビージャでプレーするMFイバン・ラキティッチ【写真:AP】
今季からセビージャでプレーするMFイバン・ラキティッチ【写真:AP】

背番号10を受け継ぎ、サインとメッセージ入りのユニフォームを贈る

 クロアチア代表MFイバン・ラキティッチは、今夏の移籍市場でバルセロナからセビージャに移籍した。2014年以来の復帰で新10番となったラキティッチが、かつて10番を背負った故ホセ・アントニオ・レジェス氏の息子にあるプレゼントを贈ったと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 レジェス氏はセビージャの下部組織で育ち、アーセナル、レアル・マドリードにも所属したが、昨年6月に交通事故でこの世を去った。ラキティッチは12年から14年まで、セビージャでレジェス氏とともにプレーしている。

 ラキティッチは6年ぶりのセビージャ復帰の際に、かつてレジェスが背負った背番号10を選択。「マルカ」によると、レジェス氏の息子の誕生日に自身のサインとメッセージを入れた背番号10番のユニフォームを送ったという。レアルの下部組織でプレーしているレジェス氏の息子は、自身のインスタグラムで次のように感謝の言葉を送っている。

「ラキティッチ、シャツをどうもありがとう。僕の父の背番号が多くの幸運を与えてくれることを祈っているよ。本当にありがとう、クラック(名手)」

 これまで背番号4を好んでつけていたラキティッチが、10番を背負うのはキャリアで初めてのことだという。かつての盟友で、クラブのレジェンドでもある男の背番号を引継ぎ、これからも魂のこもったプレーを見せてくれるはずだ。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング