「ショッキングな守備」 マンUの“ガラ空き被弾”に英騒然「一体何が起こったんだ!?」

マンチェスター・ユナイテッドはバシャクシェヒルに1-2で敗れた【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドはバシャクシェヒルに1-2で敗れた【写真:Getty Images】

マンUは格下バシャクシェヒルに1-2で敗戦 お粗末な守備対応に英唖然「悲惨だった」

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間4日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でイスタンブール・バシャクシェヒルFK(トルコ)と対戦し、1-2で敗れた。格下相手に勝利を取りこぼすことになったが、英メディアは先制点を与えたユナイテッドの対応について、「ショッキングな守備を露呈」と取り上げている。

 今夏に積極補強を敢行したユナイテッドだが、プレミアリーグは7試合を消化して2勝1分3敗と負け越しており、暫定15位に沈んでいる。一方、CLでは昨季ファイナリストのパリ・サンジェルマン(フランス)に2-1、RBライプツィヒ(ドイツ)に5-0と勝利し、幸先良く連勝を飾っていた。格下バシャクシェヒルとの第3節を迎えたが、試合は思わぬ展開を迎える。

 0-0で迎えた前半12分、相手選手がペナルティーエリア内からロングフィードを放り込むと、ユナイテッドは守備陣を含めて全員が前がかりとなっていたため、裏に抜け出した相手FWデンバ・バにハーフウエーライン付近からガラ空きの自陣スペースで独走ドリブルを許してしまう。そのままGKディーン・ヘンダーソンとの1対1を制され、あっさりと先制点を献上した。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「ユナイテッドがショッキングな守備を露呈」と見出しを打ち、「敵陣に10人の選手を送り込んでしまい、誰もデンバ・バをマークしていなかった。バシャクシェヒルにとってはこの一撃がCLで初ゴールとなった」と説明している。

 また、同メディアは別記事でも「ユナイテッドの守備陣は悲惨だった」と大々的に取り上げ、「一体何が起こったんだ!? デンバ・バが完全にフリーだったことを指示しなかったヘンダーソンにも非はあるのか? それとも、単にピッチ上の守備陣が最悪だったのか?」と指摘している。

 格下相手の失態で、ユナイテッドにとっては厳しい現実を突きつけられる形となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング