今季CL初勝利のレアル、ジダン監督の交代策を名将カペッロが称賛 「試合の流れを読める」

レアル・マドリードが今季のチャンピオンズリーグで初勝利【写真:AP】
レアル・マドリードが今季のチャンピオンズリーグで初勝利【写真:AP】

インテル戦で途中出場のブラジル代表FWロドリゴが決勝点を挙げて3-2で勝利

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のB組におけるスペインとイタリアの名門対決、レアル・マドリードとインテルの一戦が現地時間3日に行われ、レアルが3-2の勝利を収めた。批判を集めていたレアルのジネディーヌ・ジダン監督について、イタリアの名将として知られるファビオ・カペッロ氏は、交代策の手腕を絶賛した。

 レアルが前半33分までに2点を先行したゲームは、前半のうちにインテルが1点を返し、さらに後半23分にはクロアチアMFイバン・ペリシッチが同点ゴールを奪った。そのゲームに決着をつけたのは、同35分にゴールを奪った途中出場のブラジル代表FWロドリゴだった。

 交代出場した選手の決勝ゴールについて、カペッロ氏は衛星放送「スカイ・スポーツ」でジダン監督の“勝負勘”とでも呼ぶべき部分を絶賛している。

「私はジダンが好みの監督だ。何よりも、試合の流れを読めるところが本当に素晴らしい。多くのゲームで、交代策によって勝利を収めてきた。必要な時に、必要なポジションに交代を行うんだ。面と向かって彼を批判する人物に会ったことがない」

 ジダン監督はこのインテル戦の結果次第では進退問題に発展する可能性も報じられていた。しかし、レアルでもリーグ優勝に導いた経験を持つ名将カペッロは、ジダン監督の手腕にまったく疑いを持っていないようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング