「タクミにはガッカリした」 不発の南野に英紙が落胆露わ「ボールタッチは悲惨だった」

リバプールMF南野拓実は(中央)CLミッティラン戦に先発だったが…【写真:AP】
リバプールMF南野拓実は(中央)CLミッティラン戦に先発だったが…【写真:AP】

リバプールはミッティランに2-0で勝利 先発抜擢の南野は低調なパフォーマンスに終始

 リバプールは現地時間27日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でミッティラン(デンマーク)と対戦し、ホームで2-0と勝利を収めた。日本代表MF南野拓実は先発出場したが、インパクトを残せずに途中交代。英地元紙は「タクミ・ミナミノにはガッカリした」と厳しい見解を述べている。

 CL第1節のアヤックス戦を1-0で制していたリバプールは、プレミアリーグ第6節シェフィールド・ユナイテッド戦(2-1)から中2日で迎えたミッティラン戦で主力メンバーを温存。3トップには南野、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタ、ベルギー代表FWディボック・オリギが並んだ。

 試合は序盤からリバプールが主導権を握るも、なかなか決定機を生み出せない展開が続いたが、0-0で迎えた後半10分、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドがスイス代表MFジェルダン・シャキリとのワンツーで右サイドを打開すると、折り返しをジョッタが押し込んで先制に成功した。

 南野は後半から右ウイングに配置されたが、印象的なプレーを残すことなく後半15分にエジプト代表FWモハメド・サラーと交代。そのサラーが後半アディショナルタイムに自ら獲得したPKを蹴り込んで勝負を決する追加点を奪い、チームはCL2連勝でグループステージ首位に浮上した。

 低調なパフォーマンスに終始した南野に対し、英地元紙「リバプール・エコー」は「タクミ・ミナミノにはガッカリした」と見出しを打ち、「2人のスター選手が直近で訪れたチャンスで失望させた」と南野とオリギを酷評。「ベルギー人が衰退していると捉えるならば、南野は間違いなく大きな落胆だった」と指摘している。

「南野のボールタッチは悲惨であり、彼のフラストレーションはボールロスト後の激しいファウルが物語っていた。彼は自分自身に苛立ち、芝を叩いた」

 貴重なアピールの機会だっただけに、南野が存在感を発揮できずに終わったことは、現地メディアにとっても期待外れだったのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング