「本当に苦しんでいた」 不発の南野、英紙はチーム最低評価「自分自身に苛立っていた」

リバプールMF南野拓実はミッティラン戦にスタメン出場【写真:AP】
リバプールMF南野拓実はミッティラン戦にスタメン出場【写真:AP】

リバプールはミッティランに2-0で勝利 先発抜擢の南野はインパクト残せず途中交代

 リバプールは現地時間27日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でミッティラン(デンマーク)と対戦し、ホームで2-0と勝利を収めた。日本代表MF南野拓実は先発出場したが、インパクトを残せずに途中交代。現地メディアもチーム最低評価を下している。

 第1節のアヤックス戦を1-0で制していたリバプールは、プレミアリーグ第6節シェフィールド・ユナイテッド戦(2-1)から中2日で迎えたミッティラン戦で主力を温存。3トップには南野、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタ、ベルギー代表FWディボック・オリギの控え組が起用された。

 試合は序盤からリバプールが主導権を握るも、なかなか決定機を生み出せず。それでも後半10分、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドがスイス代表MFジェルダン・シャキリとのワンツーで右サイドを打開すると、折り返しをジョッタが押し込んで先制点を奪う。

 後半アディショナルタイムには途中出場のエジプト代表FWモハメド・サラーが自ら獲得したPKをフィニュッシュ。チームはCL2連勝を飾りグループステージ首位に浮上したが、南野は印象的なパフォーマンスを発揮することなく後半15分に途中交代となった。

 英地元紙「リバプール・エコー」はミッティラン戦に出場した選手を10点満点で採点。南野にはチーム最低評価タイとなる5点が下され、「インパクトを残すのに本当に苦しんでいだ。度重なるボールロストに、自分自身に苛立っていた」と指摘している。先発抜擢でアピールの場が与えられただけに、悔しい出来となった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング