勝つだけではない「楽しさ」の追求 マンC、リバプールに見る世界トップレベルの貪欲さ

リバプールは速さと強度を全開にするアドレナリン系のスタイル

 シティもアーセナルも、多くの選手が様々な局面に関与する。原則はあるが自由度も大きい。トータルフットボールの流れを汲む楽しみ方である。

 一方、リバプールはシティやアーセナルのような複雑さはなく、速さと強度を全開にするアドレナリン系のスタイルでプレーしている。システムとポジションもはっきりしているが、チャンスの時のDFの攻撃参加の思い切りの良さなどは目を見張るものがあり、ミスを恐れない積極性、自己の解放という快感がある。タイプは違うが、こちらもどうプレーするか、どう楽しむかを貪欲に追求している。

 プレミアのみならず世界のサッカーをリードするチームが、勝敗だけに汲々とせず楽しみの追求に邁進しているのは良い傾向だ。

(西部謙司 / Kenji Nishibe)

page1 page2

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング