勝つだけではない「楽しさ」の追求 マンC、リバプールに見る世界トップレベルの貪欲さ

プレミアリーグをリードするリバプール(上)とマンチェスター・シティ【写真:Getty Images】
プレミアリーグをリードするリバプール(上)とマンチェスター・シティ【写真:Getty Images】

【識者コラム】マンCとアーセナルの一戦で感じた“トータルフットボールの進化系”

 プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティとアーセナルの対戦は、ジョゼップ・グアルディオラとミケル・アルテタの“師弟対決”でもあった。1-0でシティが貫禄勝ちしたが、両チームのプレースタイルが非常によく似ていたのが印象的だった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 シティはペップが現役時代のバルセロナの定番だった3-4-3、アーセナルもいちおう3-4-3だが、どちらも選手のポジションはかなり流動的だった。従来のポジションの概念で見てしまうと、誰がどこにいて何がどうなっているのか理解できないスタイルである。

 どちらも原則ははっきりしている。多くのパスコースを作ること。そのうえで幅を取る、中間ポジションに入る、チャンスをとらえて裏を狙う。そうしたプレー原則を守るために、逆に人の動きは自由であったほうがいいという考え方だ。

 この試合ではシティのほうがポジションはやや固定的だった。フィル・フォーデンとリヤド・マフレズがタッチラインいっぱいに開いて幅を取る役割がはっきりしていた。アーセナルのほうが、幅を取る選手も柔軟である。

 DFもシティが3バック基調なのに対して、アーセナルは攻撃では2バック、そこから押し込まれるに従って3→4→5と最終ラインの形成人数が増えていく方式で変化は大きい。ハイプレスの時は2-4-4に近い位置取りだった。

 どちらも攻守ともに、その時の状況に合わせてポジショニングが大きく変化するので、システムで見てしまうとまず訳が分からない。1970年代のオランダに代表されるトータルフットボールの進化系と言える。

 ところで、なぜトータルフットボールだったのか。ヨハン・クライフが言っていたことが、意外と核心なのではないかと思っている。

「プレーヤーは誰でもボールをプレーしたいものだ。子供でもプロでもそれは同じ。パスを回して、みんながプレーに参加するサッカーのほうが面白い」

 もちろん勝つためという理由もあるだろうが、サッカーで絶対不敗のスタイルなどないわけで、どうやって勝とうとするかしか選べない。そこで、どうプレーしたら楽しいかを追求した結果がトータルフットボールだったというわけだ。

page1 page2

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」