南野拓実の“先発待望論”を地元メディア展開 「十分な時間が与えられた時の彼は素晴らしい」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

短い出場時間での難しさを指摘 「スピードに乗れるような試合をしたことがない」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は今季公式戦で8試合に出場しているものの、スタメン起用されたのは2得点1アシストを決めたリンカーン・シティ戦(7-2)を含むリーグカップの2試合のみとなっている。英地元メディアはブラジル代表FWロベルト・フィルミーノと似た「偽9番」としてのポテンシャルを含む南野の先発起用待望論を唱えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「南野拓実にはすぐにでもリバプールで快適な先発の役割を必要としている。それは今週のFCミッティラン戦になるかもしれない」

 このように伝えたのはリバプール専門メディアの「Rousing The Kop」。出番があっても途中出場の多い南野について、アピールのためにより多くの出場時間を与えることがチームに「長期的な恩恵を与える」ことにつながると指摘する。

 直近のプレミアリーグ第6節シェフィールド・ユナイテッド戦(2-1)で南野は後半38分にフィルミーノとの交代でピッチに立ったが、10分あまりのプレーで記録したスタッツははボールタッチ9回、パス2回(「Whoscored.com」より)のみと見せ場は作れなかった。

 しかし、記事では「重要なことは、南野がまたしても“偽9番”の役割を果たしたことだ。彼は今、ロベルト・フィルミーノのカバー役として、ほぼ独占的にそのポジションでプレーしている」とチーム内でフィルミーノの代役を務められる唯一の存在として注目されている。

 そうした評価があったなかで同メディアは「残念なことに、このような短い時間で出場する時に、南野はその役割に自信を持てていない」と限られた出場時間では南野がポテンシャルを最大限に発揮できていないと指摘。さらに「彼の役割が完全に定まっているようには見えず、それがチームの流れを阻害してしまっている」とし、今後南野に先発出場のチャンスが与えられるべきだとの論調で報じている。

「南野が本当に必要としているのは、リバプールのファーストチームでの“快適な”先発の役割だ。彼が今シーズン先発したのはフルメンバーが揃っていないリーグカップだけだ。それ以外では30分以上出場したのは2-7で敗れたアストン・ビラ戦の45分のみ。この試合は選手を評価するのに公平なゲームではなかったかもしれない。特に後半から出場した選手にはダメージが大きかった。

 つまり、南野はチームのスピードに乗れるような試合をしたことがない。彼はいつも途中から試合に入り、そこからテンポを合わせていかなければならなかった。それは簡単なタスクではない。

 だが、そのスピードに合わせるのに十分な時間が与えられた時の彼は素晴らしい。コミュニティー・シールドでは30分間いいプレーをして得点を決めたし、アヤックスとの30分も良かった」

 出場時間の多さに比例してパフォーマンスが上がっているという南野について、同メディアではミッドウィークに予定されているUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第2節ミッティラン戦での先発起用待望論を唱えている。CLの大舞台で南野にチャンスは与えられるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」