東京V、昇格が遠のく大敗はなぜ起こったのか? 敵将の分析が的中「カウンターが…」

敵将が指摘した問題点 「ヴェルディは最終的にゴール前に人がいない」

 後半、メンバーを入れ替えて攻勢に出た東京Vだが、山形のゴールを割ることはできなかった。良い形で裏を取って得点の可能性を感じさせたのは小池純輝くらいで、その小池の1本以外はまともなシュートさえ打てなかった。山形は3点リードしていることで「ちょっとステイしてもいいと選手に判断を与えたことで足が止まった」部分はあったが、危なげなく無失点で終えられたのは指揮官が的確な指示を与えていたことによる。

「ヴェルディは最終的にゴール前に人がいない」

「嫌な部分を突かれたらこちらも対応しなければいけなかったが、相手は結局、外に人がいる形になっている。だから選手たちも冷静に対応できた」と石丸監督は振り返る。東京Vは3トップとはいえ、ワイドストライカーは基本的に外で幅を取り、中央のFWはフリーマンとして中盤の作りに参加するため、ボックス内に人がいない時間が多い。

 もちろん相手の組織を崩し切って最後の場面にノーマークで入ってくればOKなのだが、ブロックの外でボールを回されても、一番怖い場所に点取り屋的な選手がいないというのは守備側も精神的に楽だし、エラーも起こりにくい。山形のヴィニシウス・アラウージョや大槻周平が常にボックス内で東京Vの脅威になっていたのとは対照的だ。

 攻めあぐねて後半34分にカウンターから裏を取られてピンチを迎えた東京Vは、その1分後にハイプレスから高橋がボールを奪われ、左サイドから右サイドへ計9本のパスを回された挙句、大槻に4失点目を沈められたのだった。

 この敗戦によって、もともと黄信号が灯っていた東京VのJ1昇格は、事実上消滅したに近い。上位との勝ち点差はもちろんだが、この時期に対戦相手に完全に見切られて手も足も出ない敗戦を喫した事実が深刻だ。山形ほど見事に実行できるかは別として、石丸監督のコメントですべてのチームに対策法は知れ渡った。ただ、永井秀樹監督も選手も、可能性が残っている限りはプロとして全力で戦う姿勢は崩さないだろう。奇跡の大逆転を起こすには、山形が教えてくれた課題を克服していくしかない。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング