長崎FW玉田圭司、500試合出場祝う華麗FK弾の“秘密”明かす 「試合前日のトレーニングでも…」

V・ファーレン長崎の元日本代表FW玉田圭司 【写真:Getty Images】
V・ファーレン長崎の元日本代表FW玉田圭司 【写真:Getty Images】

Jリーグ通算500試合出場を達成した玉田圭司が直接FK弾を挙げた

 V・ファーレン長崎の元日本代表FW玉田圭司は、21日に行われたJ2リーグ第28節・愛媛FC戦(4-1)でJリーグ通算500試合出場を達成した。このメモリアルゲームを芸術的な直接FK弾で自ら祝福。このFK弾の“秘密”を自身の公式インスタグラムで明かしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前半をスコアレスで折り返した試合は、後半一気に動く。同7分にアウェーの長崎が先制するも、愛媛が1分後に同点ゴール。その後、長崎がMF氣田亮真、MF名倉巧の得点で再びリードを奪って迎えた後半41分だった。

 長崎はペナルティーエリア手前右45度でDF毎熊晟矢が倒されてFKを獲得。玉田がゴールまで約23メートルの距離からのキッカーを任され、短い助走から左足でカーブを掛けたシュートを放つ。すると、愛媛の壁7人の上を越えてゴールへ向かった一撃は、相手GKの懸命の横っ飛びをあざ笑うかのようにネットに吸い込まれていった。

 後半35分から途中出場した玉田は、これが今季4点目。メモリアル弾となった一発だが、玉田は公式インスタグラムで練習の様子を公開して、“秘密”を明かしている。

「試合前日のトレーニングでもあの守護神、徳重さんから決めてたからね でも決めれて良かった」

 試合前日にも練習中にベテランGK徳重健太から華麗な弧を描く直接FK弾を挙げていた玉田。しっかりと練習の成果を発揮し、愛媛戦でも決めて見せた。40歳の玉田は毎日のトレーニングから努力を重ねているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」