南野、リバプールファンから高評価続々に英メディア注目 「エキサイティングなプレー」

CLグループリーグで途中出場したリバプールMF南野拓実(中央)【写真:Getty Images】
CLグループリーグで途中出場したリバプールMF南野拓実(中央)【写真:Getty Images】

30分間で枠内シュート2本、キーパス1本、ドリブル成功1回、空中戦勝利1回を記録

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間21日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦でアヤックス(オランダ)戦で後半途中から出場。前線からのプレスと果敢に攻撃に絡む姿勢でアピールし、英メディアもリバプールファンから高評価を得ていることを伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リバプールはエジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネの3トップでスタート。苦しみながらも、前半35分にマネがカットインからペナルティーエリア内で強引にシュートを放ち、相手のオウンゴールを誘うラッキーな形で先制点を手にした。

 前半44分、失点の大ピンチをファビーニョの神懸かり的なスーパークリアで前半をリードして折り返したなか、南野に出番が訪れたのは迎えた後半15分だった。

 ユルゲン・クロップ監督は南野、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタ、スイス代表MFジェルダン・シャキリの大胆な“3枚替え”で3トップを変更。センターフォワードに入った南野は、後半25分に軽快なターンを経てペナルティーエリア外左45度から果敢に右足を一閃。ややブレながらのシュートは相手GKのセーブに遭い、ゴールはならなかった。

 その後も、前線からのプレスと、ビルドアップに絡みながら時に左サイドを突破して中央へ折り返すなど、攻守の局面で何度も顔を出した南野。ゴールやアシストの結果は残せなかったが、ジョッタやシャキリとの連係プレーもあり、途中出場でチームを活性化した。

 英メディア「HITC」は、「残り30分でクロップは攻撃陣のオプションを入れ替え、マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノを下げ、ディオゴ・ジョッタ、タクミ・ミナミノ、ジェルダン・シャキリに移行した。(投入された)トリオはともにエキサイティングなプレーを見せ、ミナミノは枠内シュート2本、キーパス1本、ドリブル成功1回、空中戦勝利1回を記録した」と伝えるとともに、リバプールファンのツイッター上のコメントを紹介している。

「ボールを持っているミナミノは快適そうで、優雅に見えた」
「ミナミノはすでにフィルミーノよりも危険な存在だ」
「ミナミノはもっと長い時間プレーすべきだ」
「素晴らしい」
「光り輝いた」

 17日のプレミアリーグ第5節エバートン戦(2-2)では出番のなかった南野だが、CLアヤックス戦のプレーにより、リーグ第6節シェフィールド・ユナイテッド戦の先発起用への期待も高まっているようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」