南野、リバプールファンから高評価続々に英メディア注目 「エキサイティングなプレー」

CLグループリーグで途中出場したリバプールMF南野拓実(中央)【写真:Getty Images】
CLグループリーグで途中出場したリバプールMF南野拓実(中央)【写真:Getty Images】

30分間で枠内シュート2本、キーパス1本、ドリブル成功1回、空中戦勝利1回を記録

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間21日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦でアヤックス(オランダ)戦で後半途中から出場。前線からのプレスと果敢に攻撃に絡む姿勢でアピールし、英メディアもリバプールファンから高評価を得ていることを伝えている。

 リバプールはエジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネの3トップでスタート。苦しみながらも、前半35分にマネがカットインからペナルティーエリア内で強引にシュートを放ち、相手のオウンゴールを誘うラッキーな形で先制点を手にした。

 前半44分、失点の大ピンチをファビーニョの神懸かり的なスーパークリアで前半をリードして折り返したなか、南野に出番が訪れたのは迎えた後半15分だった。

 ユルゲン・クロップ監督は南野、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタ、スイス代表MFジェルダン・シャキリの大胆な“3枚替え”で3トップを変更。センターフォワードに入った南野は、後半25分に軽快なターンを経てペナルティーエリア外左45度から果敢に右足を一閃。ややブレながらのシュートは相手GKのセーブに遭い、ゴールはならなかった。

 その後も、前線からのプレスと、ビルドアップに絡みながら時に左サイドを突破して中央へ折り返すなど、攻守の局面で何度も顔を出した南野。ゴールやアシストの結果は残せなかったが、ジョッタやシャキリとの連係プレーもあり、途中出場でチームを活性化した。

 英メディア「HITC」は、「残り30分でクロップは攻撃陣のオプションを入れ替え、マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノを下げ、ディオゴ・ジョッタ、タクミ・ミナミノ、ジェルダン・シャキリに移行した。(投入された)トリオはともにエキサイティングなプレーを見せ、ミナミノは枠内シュート2本、キーパス1本、ドリブル成功1回、空中戦勝利1回を記録した」と伝えるとともに、リバプールファンのツイッター上のコメントを紹介している。

「ボールを持っているミナミノは快適そうで、優雅に見えた」
「ミナミノはすでにフィルミーノよりも危険な存在だ」
「ミナミノはもっと長い時間プレーすべきだ」
「素晴らしい」
「光り輝いた」

 17日のプレミアリーグ第5節エバートン戦(2-2)では出番のなかった南野だが、CLアヤックス戦のプレーにより、リーグ第6節シェフィールド・ユナイテッド戦の先発起用への期待も高まっているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング