イグアイン、米MLS移籍前の苦悩を告白 「プレッシャーで情熱を失いかけていた」

インテル・マイアミでプレーするイグアイン【写真:Getty Images】
インテル・マイアミでプレーするイグアイン【写真:Getty Images】

確かな実績を誇りながら、市場が開くたびに放出候補となる現実に苦しむ

 今秋から米MLS(メジャーリーグサッカー)のインテル・マイアミに加入したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは、一度はサッカーへの情熱を失っていたという。米放送局「CBSスポーツ」のインタビューで明かしている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 イグアインはスペインの強豪レアル・マドリードやイタリア王者ユベントスで活躍したキャリアを持つ。しかし、2018年夏、所属していたユベントスにポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入するとエースの座を失い、同リーグのACミランとイングランド・プレミアリーグのチェルシーへ半年ずつ期限付き移籍したが、いずれも買い取りには至らず。そのまま昨季はユベントスでプレーした。

「最近ではヨーロッパの、トップレベルでプレーしなければいけないというメディアのプレッシャーもあって情熱を失いかけていた。これまでのキャリアで証明してきたことも、1試合1試合、いつも証明することを求められる。そうしたものから少し離れたかった。新たな喜びを得るためにMLSに来た。トップレベルのストライカーがたくさん来て、楽しんで競争しているのを見てきた。このリーグは多くのゴールが決まり、挑戦するのに興味深かった」

 イグアインは特に近年、放出リストに載っているというネガティブなニュースの矛先になり続け、試合に出るたびに懐疑的な視線を浴びせられたのは事実だろう。それにより、精神を削られていたという。

 セリエAでの得点記録も樹立したことのあるストライカーは、「サッカーを楽しむことに戻るため、ここに来た」と話す。元イングランド代表のスター、デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるマイアミで、MLSでも得点能力の確かさを見せつけることができるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  5. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  8. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  9. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」

  10. 「魔法の左足」 中村俊輔の欧州CL“伝説のFK”弾、名門ユナイテッド戦の衝撃2発に「いつ見てもすげー」と反響

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛