もう一度あの喜びを HKT48豊永阿紀、福岡アンバサダーとしての“幸福の未来予想図”

「HKT48」の豊永阿紀さんがアビスパ福岡への熱い思いを語った【写真:(C)Mercury】
「HKT48」の豊永阿紀さんがアビスパ福岡への熱い思いを語った【写真:(C)Mercury】

【豊永阿紀インタビュー|前編】怒涛の連勝街道を走る福岡、公式アンバサダーが見た好調の要因は?

 アビスパ福岡は現在、12連勝とクラブ記録を更新し続け、ついにJ2リーグ第27節終了時点で首位に立った。リーグ優勝でのJ1復帰が現実味を帯びるなか、福岡・博多を拠点とするアイドルグループ「HKT48」のメンバーとして活動し、アビスパ福岡の公式アンバサダーも務める豊永阿紀さんに、絶好調のチームの印象やJ1昇格への熱い思いを訊いた。

   ◇   ◇    ◇

――アビスパ福岡は、9月5日の第17節レノファ山口戦(2-0)から破竹の勢いで連勝街道を走っています。一時は17位まで順位を落としたなかで、今季ここまでの戦いをどのように見ていますか?

「序盤戦は少し苦しい戦いが続いていて、正直不安もありました。そのなかで、クラブ記録の11連勝(16日の取材時点/18日に12連勝まで更新)ということで、チームとして殻を破ったというか、壁を一つ突破した感じがあって、アビスパの戦いを見るのが楽しくて仕方ないです」

――10月4日の第24節ギラヴァンツ北九州戦(2-0)では、アビスパ福岡公式アンバサダーとしてスタジアムへ応援に駆け付けました。新型コロナウイルスの影響が長く続いたなか、約1年ぶりの現地観戦はまた格別だったと思います。

「HKT48加入後も含めて、今回ほど観戦間隔が空いたことはなくて、サッカーが本当に恋しかったです。スタジアムに行けない間はずっとDAZNで試合を見ていましたが、空気感を直接味わえるのはやっぱりスタジアムの特権だと思います。キックオフのホイッスルが鳴って、ボールが動き出した瞬間、正直泣きそうになりました(笑)。このご時世だからこそ、『私、こんなにサッカーが好きだったんだ』と再認識できましたし、ギラヴァンツ北九州との“福岡ダービー”では、9連勝とクラブ記録更新の場に立ち合うこともできて幸せでした」

――豊永さんから見た今季のチームの特徴は?

「私の印象ですが、長谷部(茂利)監督に代わったなかで、完全移籍の選手、期限付き移籍で加入した選手が良い刺激になって、これまで在籍していた選手の皆さんもプレーがさらにアップデートされていると感じます。FWフアンマ(・デルガド)選手(←大宮アルディージャ)、FW遠野(大弥)選手(←川崎フロンターレ)が先頭に立ちつつ、若い選手たちのエネルギーあふれるプレーがチームの活力になっているなと。

 今は、守護神のセランテス選手が試合に出ていません。GK村上(昌謙)選手がずっとゴールを死守してくださっているのも大きいと思います。守備陣が相手チームをシュートまで持っていかせないくらい安定していて、失点が大きく減りました(27節終了時点で20失点はリーグ最少)。これまでは一瞬の隙を突かれてカウンターを受ける場面もありましたが、連勝期間は何が違うんだろうと私なりに考えた時に、監督がよくおっしゃっている『相手にボールを渡さない』意識がチーム全体に浸透して、さらに進化したと感じます」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング