「サムライは輝き続ける」 ロストフ橋本、“進化証明”の豪快ヘッド弾をロシアメディア称賛

日本代表MF橋本拳人【写真提供:FC Rostov】
日本代表MF橋本拳人【写真提供:FC Rostov】

アフマト戦の前半24分に豪快ヘディング弾を決めて早くも今季リーグ戦5ゴール目

 ロシア1部ロストフの日本代表MF橋本拳人が、現地時間18日に行われたリーグ第11節アフマト・グロズヌイ戦に先発出場し、先制点を挙げて3-0の勝利に貢献した。早くもキャリアにおけるシーズン自己最多得点に並び、現地メディアも「サムライは輝き続ける」と賛辞を送っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 FC東京の下部組織で育った橋本は、2012年にFC東京のトップチームに昇格。ロアッソ熊本での約2年間での武者修行を経て、15年にFC東京へ復帰すると、当たり負けしないフィジカルの強さと鋭いボール奪取、ダイナミックな攻撃参加を武器に定位置を確保した。

 2019年には日本代表にも選出され、Jリーグを代表するボランチに成長した橋本は、今年7月にロシア1部ロストフへの移籍を決断。新天地でも中盤のレギュラーを獲得している。

 アフマト戦でも中盤センターの一角に入った橋本は前半24分、右サイドのスローインからつないで回ってきた浮き球のボールをファーサイドで合わせ、打点の高いヘディングを敢行。シュートは相手GKの逆を突き、ゴール右隅に決まった。

 ロストフ公式ツイッター日本語版は「またまたケントが決めた!!」と速報。ロシアニュースサイト「161.ru」も「サムライは輝き続ける:ハシモトのゴールはロストフがアフマトを破るのを助けた」と称賛している。

 日本からやってきた“助っ人”は、ここまで9試合に出場して5ゴール。FC東京時代の2017年にマークしたシーズン5得点の自己記録に早くも並んでおり、ロシアの地で攻撃面でも進化を見せている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も