C大阪スペイン人指揮官、ゴール後に見せた”珍シーン”にファン興奮 「よっぽどのこと」

セレッソ大阪のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督【写真:小林 靖】
セレッソ大阪のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督【写真:小林 靖】

豊川の超絶ループ弾後、ロティーナ監督が満面の笑みを浮かべたシーンに着目

 セレッソ大阪は、17日に行われたJ1リーグ第23節の横浜F・マリノス戦で4-1と勝利し、2連勝を飾った。ホームでの一戦で、MF奥埜博亮とFW豊川雄太がそれぞれ2ゴールを奪う活躍を見せたなか、ファンはロティーナ監督のある表情に注目。普段、あまり感情を表に出さないスペイン人指揮官が見せた満面の笑みに、SNS上では盛り上がりを見せている。

 前節の湘南ベルマーレ戦(1-0)で連敗を止めたC大阪は前半10分、C大阪のMF坂元達裕の右クロスを奥埜が頭で決めて先制。さらに、1点リードのまま迎えた後半22分にも奥埜が加点すると、その後、途中出場の豊川が2得点を挙げる活躍を見せ快勝を収めた。

 この日、C大阪が奪った4ゴールのうち最もインパクトが大きかったのは、豊川が奪った後半26分の3点目だろう。自陣後方からのロングフィードに前線へ抜け出した豊川は、DF1人とマッチアップしながらもボールを巧みにコントロール。ゴールまで約20メートルの距離がありながらも、GKが前に出ていた隙を見逃さずループシュートを放つと、ボールは見事にゴールへと吸い込まれた。

 このゴールに対し、DAZN公式ツイッターは「年間ベストゴール級のスーパーゴールが決まったぁぁーー!!!!」と綴り動画を投稿。引用リツイートのコメントには「こりゃ凄い!!」「トラップ完璧すぎ」「うますぎ」など、豊川のループ弾を称える声が相次いだ。一方で、ファンは別の視点からも盛り上がりを見せている。注目したのはロティーナ監督の表情だ。

 動画では豊川の得点後、満面の笑みを浮かべる指揮官の姿が映し出されている。普段、あまり感情を表に出さないスペイン人指揮官の笑顔に対して、「ロティーナ監督もめちゃ笑顔やし」「ロティーナ崩壊」「ロティーナの笑顔が年間ベスト級!!!」「おいロティーナじぃちゃんが笑顔になってるぞ!!」「シュートもすごいし、ロティーナの笑顔もいい。」「ロティーナが喜ぶなんてよっぽどのことだそ」といったコメントが寄せられており、指揮官の珍しい姿にファンは大いに沸いていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング