メッシ、チェルシー移籍間近だった 308億円を準備、伊記者が6年前の舞台裏を明かす

2014年当時のメッシ【写真:Getty Images】
2014年当時のメッシ【写真:Getty Images】

当時のモウリーニョ監督ともやり取り、宿敵レアルも獲得を試みる

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーは、2014年にバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ獲得に迫っていたようだ。当時脱税問題に揺れていたメッシの違約金2億5000万ユーロ(約308億円)を支払う準備ができていたが、代理人を務める父ホルヘ・メッシや元ポルトガル代表MFデコ氏の説得もあって移籍は実現しなかったという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 メッシは13年にスペイン当局から、父ホルヘ氏とともに過去3年間にわたる脱税の容疑をかけられ、翌14年には有罪判決を受けた。執行猶予がつけられて収監は免れたが、この問題で疲弊していたメッシには当時からスペイン国外への移籍の噂が持ち上がっていた。

 そして、この時に獲得に動いていたのがチェルシーだった。当時から噂のあった移籍騒動について、イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が自著『Grand Hotel Calciomercato』のなかで、チェルシーからのオファーや交渉について詳細を綴っているという。

 それによれば、チェルシーはメッシの違約金2億5000万ユーロの支払いを準備しており、個人的な条件では合意していたという。当時のチェルシー監督だったモウリーニョ氏とメッシが、ビデオ通話を通じてやり取りも行っていたようだ。

 しかし、メッシの代理人である父ホルヘ氏や元チームメートのデコ氏らが介入し、交渉は“泡のように消えてしまった”という。モウリーニョ監督の下でメッシがプレーする夢のタッグが実現していた可能性も十分にあったようだ。

 また、チェルシーだけでなく、バルセロナの宿敵レアル・マドリードも13年に違約金2億5000万ユーロをキャッシュで支払い、メッシを獲得しようとしていたことも伝えられている。ただし、この試みはメッシがレアルへの移籍を即座に拒んだために実現しなかったという。

 今夏にバルセロナからの退団騒動が過熱するなど、その去就問題にはより一層の注目が集まっているメッシ。来夏には契約満了を迎えるだけに、今後もその動向から目が離せない。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」