【Jリーグ月間表彰】「あのプレーは正解」 元日本代表GK楢﨑氏が称賛、9月の「J1ベストセーブ」とは?

川崎GKチョン・ソンリョン【写真:高橋学】
川崎GKチョン・ソンリョン【写真:高橋学】

2020年9月 Jリーグ月間ベストセーブ by 楢﨑正剛 チョン・ソンリョン(川崎)

 J1リーグはシーズンの半分を折り返した。各チームの戦いぶりはもちろん、数々の好プレーにも熱視線が注がれているなか、「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」の新企画として、元日本代表GK楢﨑正剛氏に9月の「月間ベストセーブ」を選出してもらった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 7月上旬に新型コロナ禍による中断から再開されたJ1リーグは、9月に第14節~19節の5節分を消化(延期分、AFCチャンピオンズリーグ出場組の前倒し分除く)。そのなかから楢﨑氏が「ベストセーブ」に選んだのは、第18節の川崎フロンターレ対横浜FC戦(3-2)で生まれた、川崎GKチョン・ソンリョンのビッグセーブだ。

 川崎が2-1でリードして迎えた後半20分。自陣ゴール前からのビルドアップを試みたチョン・ソンリョンは、右サイドのDF山根視来へパスを展開するも山根がボールロスト。すると、そこから横浜FCのショートカウンターを受ける形となり、MFレアンドロ・ドミンゲスからのラストパスを受けたFW瀬沼優司と1対1の局面に。ここでチョン・ソンリョンは、瀬沼のシュートを左手に当てブロック。ボールはクロスバーに当たり、間一髪でピンチを免れたというシーンだった。

「点差や時間帯を踏まえたうえでのチームへの貢献度と、難しいシチュエーションのなかでしっかり対応できていたことを踏まえて選びました」と楢﨑氏。結果的に勝利した川崎だが、後半早々に1点差へ追い上げていた横浜FCの勢いを考えれば、このセーブシーンがその後の展開を左右した一つの分岐点だったと言えなくもない。そうした意味でも、チョン・ソンリョンのセービングに対する価値の高さが浮かび上がる。

「攻撃力のある川崎なので、失点しても取り返してくれるのかもしれないですけど、GKのプレーで流れを引き戻すところが見られたシーンだったと思います。“たら、れば”の話にはなってしまいますけど、仮にこの場面でゴールが決まっていたら、川崎にとっては尻に火が付くどころか、勝ち点を取りこぼしかねない状況になっていたかもしれません」

 さらに楢﨑氏は、このシーンにおけるGKの技術的な難しさも指摘。一つのポイントに挙げたのが“姿勢”だ。ピンチの局面で、チョン・ソンリョンは前に出る動作を見せていたが、楢﨑氏によると「前に詰めながらという動作で構えると重心の位置が中央に取りづらかったり、ブレてしまったり、体から倒れてしまったりと、GKにとってあまり良くない姿勢になりかねない」という。そうした状況でも、「しっかりと構えられ、ボールを見て素早くリアクションできていた」と、このセービングを高く評価している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」