リバプール、50m精密フィード→繊細トラップ弾に再脚光 「パス? それともフィニッシュ?」

DFファン・ダイクのフィードからFWマネが繊細なフィニッシュに再脚光【写真:Getty Images】
DFファン・ダイクのフィードからFWマネが繊細なフィニッシュに再脚光【写真:Getty Images】

2018-19シーズンのCLラウンド16バイエルン戦、マネの先制点をCL公式SNSが紹介

 プレミアリーグ王者リバプールは、2018-19シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で14年ぶりの頂点に立った。ラウンド16ではドイツの絶対王者バイエルン・ミュンヘンを下しているが、敵地で生まれた高難易度のゴールとアシストにCL公式SNSが再び脚光を当てている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨季のプレミアリーグでリバプールは圧倒的な強さを見せつけ、30年ぶりのリーグ優勝を果たした。18-19シーズンのリーグ戦ではマンチェスター・シティとのマッチレースに敗れる形となったものの、同シーズンにはCL優勝を達成しており、2シーズン連続でのビッグタイトル獲得となっている。

 準決勝ではスペインの強豪バルセロナを大逆転劇の末に下し、決勝ではトッテナムとの同国対決を制して優勝を決めたリバプール。ドラマチックな展開となったバルセロナ戦は今でも語り草だが、CL公式がプレーバックしたのはラウンド16で生まれた“ゴラッソ”だ。

 バイエルンとの第1戦はホームで0-0のスコアレスドロー。敵地での第2戦では得点を奪ってのドロー、あるいは勝利が必要な状況となっていた。そのなかで何よりも大きな先制点は、攻守の要による連係から奪取する。

 前半26分、最終ラインでビルドアップしていたオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが、左サイドのセネガル代表FWサディオ・マネの動き出しを見逃さず約50メートルのロングフィードを前線に送る。左サイドから走り込んだマネは相手DFラフィーニャの内側に上手く入り込み、競り合いながら最終ラインの裏へ抜け出すと、右足アウトサイドでゴールとは反対方向へトラップ。飛び出してきたGKマヌエル・ノイアーをゴールに背を向けた状態からの素早いターンでかわし、カバーに入ったDFニクラス・ジューレとラフィーニャをあざ笑うかのように、左足でシュートを決めた。

 ファン・ダイクによる約50メートルの高精度のロングパスに、マネの繊細な技術と冷静沈着さが融合したハイレベルな一撃を、CL公式インスタグラムは「パス? それともフィニッシュ?」と綴って投稿。コメント欄では「フィニッシュ」とする反応が多数派となっていたが、「このパスは見るべき価値がある」という“ファン・ダイク派”や、「ファーストタッチだろう」「なぜタッチがない?」とマネのトラップこそが得点の要因とする声も多かった。

 この一撃でリードを得たリバプールは、一度はオウンゴールで追い付かれるものの、ファン・ダイクとマネがそれぞれ1点ずつ加点して3-1の勝利。2戦合計スコアも3-1でポルトとの準々決勝に駒を進めた。最終的に優勝することになるリバプールにとって、勢いのつく一撃だったことは間違いない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」