「日本で貴重な経験に恵まれた」 ポドルスキが神戸時代を回想「忘れたくないものばかり」

神戸でも活躍した元ドイツ代表FWポドルスキ【写真:高橋学】
神戸でも活躍した元ドイツ代表FWポドルスキ【写真:高橋学】

DFB公式サイトのインタビューで語る 日本行きを決めた「僕の決断は正しかった」

 2017年7月から約2年半にわたってJリーグのヴィッセル神戸でプレーし、現在はトルコのアンタルヤスポルに在籍している元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、ドイツサッカー連盟(DFB)公式サイトのインタビューに応じ、そのなかで日本での日々について回想している。

 大物外国人選手として神戸に入団したポドルスキは、Jリーグでのデビュー戦となった17年7月30日のJ1第19節大宮アルディージャ戦でいきなり2ゴールをマーク。その後翌18年にはキャプテンを任されるなど、神戸で中心的役割を担うようになり、今年1月に行われた天皇杯決勝でも先発出場して神戸の初タイトル獲得に貢献していた。

 DFB公式のインタビューで2年以上に及んだ日本滞在の日々について問われると、ポドルスキは「日本での生活は素晴らしい日々だった。日本に行って日本人や日本文化、日本のサッカーについて知ろうと思った僕の決断は正しかったと言える。僕ら家族は日本でとても貴重な経験、出会い、瞬間に恵まれた。それらは決して忘れたくないものばかりだ」として、日本滞在が自身にとって非常に有意義なものであったことを明かした。

 さらに、「サッカー選手としても、僕は気分良くプレーすることができた。神戸をさらに発展させるためにピッチの外でも頑張った」と述べ、チームメートに栄養摂取の重要性を説いたことやロッカールームの建て替えをクラブに進言したことを具体例として紹介している。

 J1リーグ通算52試合15得点をマークし、その後神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや同FWダビド・ビジャら大物助っ人参戦の先駆けとなったポドルスキ。自身の公式SNSでは、オフを利用して日本の様々な観光地などに足を運び、外国人の視点からその魅力を世界に発信してきたが、本人もピッチ内外での生活を満喫していたようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング