カバーニ、オフ期間の新型コロナ感染を告白 「必要以上に長い間隔離されていた」

ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ【写真:Getty Images】
ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ【写真:Getty Images】

隔離後に母国ウルグアイで過ごした時間について語る 「とても良い時間だった」

 移籍市場の最終日にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに加入したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、このオフシーズンの間に新型コロナウイルスに感染し、引退も頭をよぎったという。イタリア・セリエAの強豪ナポリ専門のニュースサイト「2dePuntaOficial」に語っている。

 カバーニは6月末でフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)との契約が満了。新型コロナウイルスの影響で延長されたシーズンの最後までという短期の契約延長にも合意せずに退団していた。その後、様々なクラブが新天地として浮上したが、最終的にユナイテッド入りが決まった。

 一方で、この約3カ月の間にカバーニは新型コロナウイルスへの感染という苦しい時期を過ごしたのだと明かしている。

「僕とガールフレンドはコロナウイルスに陽性だった。それはすでに起こったことなので話すけれども、悪い経験であり、必要以上に長い間隔離されていた。その後、家族と故郷のサルト(ウルグアイ)で多くの時間を過ごした。とても良い時間だったよ。自分の場所にいる時、家族の近く、そして故郷の土地にいる時、サッカーを諦めてそのままそこに留まる可能性についても考えた」

 新型コロナウイルスへの感染と隔離という時間を過ごし、そして所属クラブのないまま故郷で過ごした時間は、そのままサッカー界から引退することも頭によぎらせるものだったようだ。そこから欧州に戻り、プレミアリーグでの挑戦を決意したカバーニはどのようなプレーを見せてくれるだろうか。

【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング