リバプール、歴史的惨敗の背景に「移籍市場の致命的ミス」 英紙が警鐘「すぐ動くべきだった」

アストン・ビラ戦でのDFジョー・ゴメス(右)の低調なパフォーマンスに不安の声があがった【写真:AP】
アストン・ビラ戦でのDFジョー・ゴメス(右)の低調なパフォーマンスに不安の声があがった【写真:AP】

リバプールはアストン・ビラに大量7失点で惨敗 DFゴメスが不安定なパフォーマンスに終始

 リバプールは現地時間4日、プレミアリーグ第4節でアストン・ビラと対戦し、敵地で2-7と大敗を喫した。開幕から3連勝中だった昨季王者がまさかの異常事態に陥ったが、英メディアはイングランド代表DFジョー・ゴメスの低調なパフォーマンスに警鐘を鳴らしており、リバプールが移籍市場で犯したミスを指摘している。

 リバプールは開幕3連勝と幸先の良いスタートを切った一方、新戦力のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラとエースのセネガル代表FWサディオ・マネが新型コロナウイルス感染により欠場を余儀なくされた。ブラジル代表GKアリソンも負傷で欠き、主力組が相次いで戦線離脱。そのなかで、試合は思いもよらぬ展開を迎えることになる。

 前半4分、GKアドリアンの痛恨のパスミスから先制点を献上すると、同22分にもカウンターから被弾。同33分にエジプト代表FWモハメド・サラーが1点を返したものの、同35分、39分と立て続けに得点を奪われ、前半だけで4失点を喫した。ハーフタイム明けからの巻き返しを図るべく、後半頭から日本代表MF南野拓実が投入された。

 しかし、後半10分に5失点目を許してしまい、同15分にサラーが再びネットを揺らすも、同21分、30分に連続失点。最終的には5点差の2-7という衝撃的な結末で、今季のリーグ戦初黒星を喫した。57年ぶりとなる大量7失点の惨敗劇となったが、英紙「デイリー・エクスプレス」は「赤っ恥の敗戦は致命的な移籍市場のミスを強調した」と見出しを打って取り上げている。

 リバプールは右サイドから崩される展開が大半となったが、とりわけオランダ代表DFファン・ダイクの相棒を務めるゴメスは失点に直結するミスを連発。対峙したイングランド代表MFジャック・グリーリッシュを全く制御できない醜態を晒し、耐えかねたユルゲン・クロップ監督は後半16分にゴメスをピッチから退けた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド