ネイマールの「中国人」発言騒動は情けない限り 差別根絶を訴えるFIFAはなぜ動かない?

ネイマールの人種差別発言は証拠不十分でお咎めなしに【写真:AP】
ネイマールの人種差別発言は証拠不十分でお咎めなしに【写真:AP】

【識者コラム】差別の根本にある無知、“お咎めなし”も弁解の余地はない

 ずいぶん前だが、ガーナに行った時のこと。なぜか周囲に子供たちが集まってきて、少し遠巻きにしながら何か言っている。

「チャイナ」「チャイナ」

 聞いてみると口々に「中国人」と囁いていた。どうもアジア人が珍しいらしい。「ジャパニーズ」と言ってみたら、「ジャパ……?」と一瞬固まってしまった。しかし、すぐにチャイナ、チャイナに戻った。たぶん日本を知らないのだ。我々も子供の頃、外国人は全部「アメリカ人」だと思っていた。

 アメリカでは「韓国人か?」と聞かれたこともある。「いや、日本人だけど」と言うと、なぜかその人は納得していない。「日本人はきちんとスーツを着ているのに、あなたはそうじゃないから」と言うのだ。アメリカ人も全員スーツを着ていないだろうに、スーツを着ていないから日本人ではないという発想はいったいどこからくるのかと思ったものだ。

 差別の根本は無知からきている。その時、そう思った。私を韓国人と思い込んでいた男には差別をするつもりはなく、たんに外見でしか見分けがつかないというだけの話なのだが、そこになんらかの恐怖心や嫌悪感が入ってくると、無知によって増幅されるのだろうと。

「クソ、中国人」

 ネイマールの酒井宏樹に対する人種差別発言は、証拠不十分でお咎めなしとなった。

 リーグ・アン第3節のパリ・サンジェルマン(PSG)とマルセイユの一戦は恒例と言っていい荒れ模様。最初から両チームともテンションが異常だったが、このカードにはつきものだ。ネイマールもディミトリ・パイェとの最初の接触から妙に吹き上がっていた。終了間際には両チーム合わせて5人が退場という結末に。乱闘の4人と、VARでアルバロ・ゴンサレスの後頭部をグーで軽く叩いていたネイマールも退場になった。試合はマルセイユが1-0で勝っている。

 酒井に対する暴言は、映像を読唇術で解読するとそう読み取れるというもので、この「クソ」の部分は、けっこうフランス人は頻繁に口にする。日常生活ではあまり聞かないが、サッカーのフィールド上ではかなりの頻度で使われている。自分のミスに苛立って使う場合もあり、暴言とは限らない。日本でも同じだが、もちろん品のいい言葉ではない。ただ、これで処分していたらサッカー選手はいなくなってしまうかもしれない。問題は「中国人」のほうだろう。

page1 page2 page3

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング