サッカーの流行は「真似した頃には過ぎ去る」 南米で学んだ“正解に固執しない”重要性

正解を追うのではなく、状況に応じて正解を探し出せる選手が理想

 つまり指導法も育成法も答えは一つではない。ボカ・ジュニオルスを指揮して世界一に輝いたカルロス・ビアンチは言っていた。

「コンパクトな陣形を保てている間はレアル・マドリードの時間帯。でも敢えて間延びさせてしまえばボカの時間帯になる」

 結局ボカは、流行とは真逆の方法でタイトルを奪取した。正解に固執するのではなく、常に判断に余白を設ける。そこが肝だと、亘は思う。

「トレンドを逆撫でするように、ウチはこれでいいじゃん、と言い切れるチーム、あるいはそんな選手を作っていくことが大切だと思うんです」

 正解を追うのではなく、状況に応じて正解を探し出せる選手――。それがおそらく亘が描く「食べていける」プレーヤーの定義だ。(文中敬称略)

(加部 究 / Kiwamu Kabe)


page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング