サッカーの流行は「真似した頃には過ぎ去る」 南米で学んだ“正解に固執しない”重要性

“世界のトレンド”は学ぶが、疑いもなく取り入れるのは危険

 岡山にやってきた時も「相手にボールを持たせて、奪ったらだいたいのイメージでスペースへ蹴りセカンドボールを拾う。そんなリアクションが多かった」という。亘は考えた。

「もちろんそのサッカーも悪いわけではない。でも世界にも日本にもいろんなサッカーがある。リアクションだけではなく、アクションもできなければならない。それに監督の指示だけではなく、選手たちが相手を見て考えることは絶対に必要だ。それなしには、この先サッカーで食べてはいけない」

 少しずつでも意図的にボールを繋ぐテーマを軸に、丹念な指導を続けた。

「最初はカウンターを狙える局面でも、敢えて遅攻にこだわりました。前に運べるのに、再度アンカーやセンターバックに戻してやり直し。崩し方を教えたかったからです」

 敢えてトレンドを追わない。それが亘のモットーだ。世界の流れは学ぶ。ただし疑いもなくそれを取り入れるのは危険だ。

「(フィリップ・)トルシエ監督が日本代表にフラットスリーを導入した頃の話です。まだ代表でも完成していないのに、河川敷で行われている中学生の試合で監督が3バックを無防備に採用していた。選手たちは、ボールや相手よりベンチの監督の顔色を窺いながらプレーしている残念な光景を見ました。最近もバルセロナが常勝すればパス回しの流れが押し寄せ、今度はリバプールが前線からプレッシャーをかけ縦に速いショートカウンターで勝ち始めればそちらになびく」

 でも“それって本当に必要なのかな……?”と、いつも亘は自分に問いかけている。

「確かにこれまでは日本サッカーも経済も世界を勉強して真似することで成長してきました。でもトレンドは、真似して取り入れる頃には過ぎ去っているんです」

 アルゼンチンでは、こんな話を聞いた。

「その昔、アルゼンチン人はいち早くオフサイドトラップを考案しました。ところがそれを欧州勢が駆使してくると、今度は相手に体をぶつけてラインを上げさせないようにする“オフサイドトラップ破り”を編み出した人がいたそうです」

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング