なでしこリーグで“主審カード忘れ”の珍事発生に反響 「人間だもの」「初めて見た」

主審がカードを忘れて取りに戻る珍事発生(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
主審がカードを忘れて取りに戻る珍事発生(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

26日に行われたC大阪堺×浦和Lの一戦で緒方主審がカードを忘れて取りに戻る珍事発生

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部は26日に3試合が行われ、セレッソ大阪堺レディースと浦和レッズレディースの一戦は0-0のスコアレスドローに終わった。首位と3位の上位対決は痛み分けに終わったが、試合内容以上に主審がカードを忘れる“珍事”が話題を呼んでいる。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 敵地に乗り込んだ浦和Lは、なでしこジャパン(日本女子代表)MF猶本光が計6本のシュートを放つなど、シュート数では13対4と上回ったが、今季ここまでリーグトップの13得点を挙げているFW菅澤優衣香がノーゴールに終わり、スコアレスドローでC大阪堺と勝ち点1を分け合う形に終わった。

 ただ、試合内容以上に話題となっているのが後半27分に起こった珍事だ。浦和Lはセンターサークル内で縦パスを受けた猶本が、相手DF松原優菜に足をかけられて倒される。チーム関係者らしき人物から「カード! カード! カード!」と声が飛び、すぐさま緒方実央主審は駆け寄って右の胸ポケットに手をやるが、なかなかカードが出てこない。左の胸ポケット、さらにはズボンの左右両ポケットを探してもカードがない。最終的にカードを忘れてきたことに気づき、タッチライン際に緒方主審が駆けていくと小さな笑いと拍手が起こった。

 約10秒後、カードを手にして戻ってきた緒方主審は、松原にイエローカードを提示。40秒ほどの中断を経て、無事にプレーが再開された。

 主審の“カード忘れ”という珍事に、SNS上で動画が拡散。「主審がカードを忘れる珍事件」というツイートに対し、「人間だもの(笑)」「生まれて初めて見ました口を開けて目が笑っている笑顔」「これは世界に通ずる珍プレー(笑)」「こんなことある?」と様々なコメントが寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング