2G1Aの南野、リバプール専門メディアが“金メダル”授与! 活躍を称賛「役割を確立した」

2ゴール1アシストで勝利に貢献したMF南野拓実に好評価【写真:AP】
2ゴール1アシストで勝利に貢献したMF南野拓実に好評価【写真:AP】

リンカーン戦でフル出場した南野 「すべてにおいてポジティブな足跡を残した」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間24日、カラバオカップ3回戦のリンカーン・シティ戦に先発フル出場し、2ゴール1アシストの活躍を残し、7-2の圧勝に大きく貢献した。リバプール専門メディアはリンカーン戦の“表彰台”を設け、南野をチーム最高選手として金メダルを贈呈している。

 プレシーズンで好調を維持していた南野だが、開幕戦のリーズ・ユナイテッド戦(4-3)では出番がなく、第2節のチェルシー戦(2-0)でも後半41分からの出場にとどまっていた。そんななか、リンカーン戦ではオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク以外の全員が入れ替わり、南野は3トップの中央で先発した

 1-0で迎えた前半18分、ペナルティーエリア手前でボールを拾った南野が右足を振り抜くと、強烈なミドル弾をゴール右上に突き刺した。さらに4-0で迎えた後半1分、相手GKが弾いたボールにいち早く反応した南野が押し込み、この日2点目を記録した。6-2で迎えた後半44分にはベルギー代表FWディボック・オリギの追加点をお膳立てしている。

 2ゴール1アシストと大車輪の活躍を見せた南野に対し、リバプール専門メディア「リバプール・コム」は「南野はリバプールでの役割を確立した」と見出しを打ち、リンカーン戦に出場した選手に対し、“表彰台”と題して南野に金メダルを贈呈。「南野は喜びそのものだった」と称賛を送っている。

 記事では「ラインの間を移動し、プレーとプレスで扇動した。試合中のすべてにおいてポジティブな足跡を残した。彼はあちこちに姿を現した」と説明し、「(ディオゴ・)ジョッタがサイドに収まるのかはまだ分からないが、少なからず南野は(ロベルト・)フィルミーノの代役俳優として絶対に評価されるべきだ」と主張。今後の長いシーズンに向け、南野は確かなアピールに成功したようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング