クロップ監督が語る“南野の強み”とは? 試合後の“評価”に英紙注目「それこそが真の特長」

ユルゲン・クロップ監督が2ゴール1アシストのMF南野拓実について言及【写真:AP】
ユルゲン・クロップ監督が2ゴール1アシストのMF南野拓実について言及【写真:AP】

リンカーン戦に先発フル出場した南野が2ゴール1アシストの活躍 クロップ監督も称賛「今夜のタキが大好き」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間24日、カラバオカップ3回戦のリンカーン・シティ戦に先発フル出場し、2ゴール1アシストの活躍で7-2の圧勝に大きく貢献した。英メディアは「クロップはリバプールのどこで南野を適応させるのか?」と見出しを打ち、ユルゲン・クロップ監督が語る南野の強みに注目している。

 プレシーズンで好調を維持していた南野だが、開幕戦のリーズ・ユナイテッド戦(4-3)では出番がなく、第2節チェルシー戦(2-0)でも後半41分からの出場にとどまっていた。そんななか、リンカーン戦ではオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク以外の全員が入れ替わり、南野は3トップの中央で先発を飾った

 1-0で迎えた前半18分、ペナルティーエリア手前でボールを拾った南野が右足を振り抜くと、強烈なミドル弾をゴール右上に突き刺した。さらに4-0で迎えた後半1分、相手GKが弾いたボールにいち早く反応した南野が押し込み、この日2点目を記録。6-2で迎えた後半44分にはベルギー代表FWディボック・オリギの追加点をお膳立てしている。

 2ゴール1アシストと大車輪の活躍を披露した南野だが、英地元紙「リバプール・エコー」は「クロップはリバプールのどこで南野を適応させるのか?」と見出しを打ち、試合後のクロップ監督のコメントを紹介したうえで、指揮官が指摘した日本人アタッカーの強みについて注目している。

 クロップ監督はこの日の南野について「今夜のタキのプレーが大好きだ。非常に多くの場面に関与していた。彼の資質はどのようなものなのか、我々全員がどんどん理解を進められている」とチームへの適応に満足感を示していた。そのなかで、クロップ監督は南野が備える強みについて具体的に述べている。

「彼はどこでプレーしたとしても、最終的には中央へと向かう。左ウイング、右ウイングに配置された場合でも、ハーフスペースや中央でプレーを終えることが多いんだ。それこそが彼の真の特長だ。対戦相手は7回以上キックオフすることになったが、毎回一番手にプレッシングをかけにいっていたのはタキだった」

 記事では、前線であればどこでもプレーできる新加入のポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタと南野の起用法について疑問視していたが、この日の南野のパフォーマンスとクロップ監督の評価で、3トップの最前線が主戦場となる目処が立ったことを強調していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング