横浜FM、前線の“ブラジル人トリオ”が躍動 システム変更で競争激化、昨季MVPの起用法は?

横浜FMで躍動する前線の“ブラジル人トリオ”【写真:小林 靖】
横浜FMで躍動する前線の“ブラジル人トリオ”【写真:小林 靖】

【J番記者コラム】仙台に勝利し今季2度目の3連勝 ブラジル人FW3人で総得点の6割超え

 横浜F・マリノスがベガルタ仙台を3-1で破り、今季2度目の3連勝を飾った。そのチームをけん引しているのが前線のブラジル人トリオだ。

 昨季得点王のFWマルコス・ジュニオールはここまで11得点、昨夏に加入して12試合で8得点を挙げたFWエリキと、今夏に加入したFWジュニオール・サントスは7得点ずつ。現在、攻撃のフロントラインを形成する3選手はここまで計25得点を挙げ、チーム総得点40のうち実に6割以上を彼らだけで叩き出している。

 この活躍にはチームメートも目を見張るばかり。ボランチとしてゲームコントロールのタスクを担うMF扇原貴宏は、「のびのびとプレーしてくれていると思うし、今のシステムにやりやすさを感じてくれていると思う。個の能力がある選手たちが得点を取ってくれていて心強い」と手応えを感じ取っていた。

 横浜FMは9月9日の第15節名古屋グランパス戦(1-2)から3バックを採用。それに伴い、翌節のセレッソ大阪戦(1-2)から前線を元来の3トップから1トップ2シャドーに変更した。3トップ採用時はJ・サントスがセンターフォワード(CF)、エリキが左ウイング、そしてM・ジュニオールがトップ下を務めていたが、スタートポジションの変更によってそれぞれの距離が近くなり、コンビネーションプレーがよりスムーズになった。

 シャドーとなり中央寄りに立ち位置を変えて以降、最近4試合で6得点を挙げているのがエリキだ。昨季終盤はCFとして身体能力の高さと献身的な守備で優勝に貢献したアタッカーだったが、今季はチーム編成の都合によって左ウイングでプレーする機会が増えていた。

 タッチラインを背負ってプレーするウインガーは、ボールを受ける時点では前を向きやすい。しかし1対1のドリブル局面で対面の選手をかわせないエリキはスピードダウンを繰り返し、加えて利き足の右足にボールを持ち替えるために攻撃がスローダウンする傾向にあった。

 ところがシャドーポジションに移ってからは、DFを引き連れながらサイドに流れてもスピードを落とさず、フィニッシュやラストパスに持ち込めている。仙台戦の先制点はまさしくその形で、プレッシャーを受けている状況でも相手を上回るだけのスピードと爆発力を秘めているというわけだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング