久保の“インテリジェンス”をビジャレアル番記者が称賛 「ゴールに辿り着くための“火花”」

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】開幕から2試合連続の途中出場、短い時間ながら見せ場を作る

 ビジャレアルは19日、リーガ・エスパニョーラ第2節でエイバルとホームで対戦した。ビジャレアルのMF久保建英、エイバルのMF乾貴士、FW武藤嘉紀が所属するチーム同士の対戦について、スペイン紙「マルカ」は試合当日の紙面で「日出ずる国の試合」と題し、スペイン1部リーグ史上初の日本人3選手が同時にピッチに立つ、日本にとって歴史的な一戦となる可能性があることを強調した。

 ビジャレアルのウナイ・エメリ監督は、前日の記者会見で「タケは順応を必要としている」と、久保がまだチームに完全にフィットしていないことを強調しており、実際に開幕から2試合連続でのベンチスタートとなった。

 この日のビジャレアルのシステムは4-4-2。中盤より前のポジションは前節ウエスカ戦から変化がなく、ダブルボランチにMFダニエル・パレホとMFフランシス・コクラン、右サイドハーフにMFサムエル・チュクウェゼ、左サイドハーフにMFモイ・ゴメス、2トップにFWジェラール・モレノとFWパコ・アルカセルが入った。

 0-0で折り返した後半開始直後、エイバルに先制を許したビジャレアルだが、G・モレノとアルカセルがゴールを決め逆転に成功した。そして久保にチャンスが与えられたのは後半40分。第1節ウエスカ戦(1-1)に続き2試合連続で“日本人対決”が実現した一方、武藤に出番がなかったため、3選手同時にピッチに立つことはできなかった。

 エメリ監督は久保投入時、システムを4-3-3に変更した。右ウイングでプレーした久保は、サイドでDFケビン・ロドリゲスを切れ味鋭いドリブルで振り切り、味方が触れればゴールというグラウンダーの惜しいクロスをゴール前に送った後、G・モレノのシュートチャンスをお膳立てし、試合終了間際には自らシュートを打ち、ウエスカ戦よりも短い出場時間ながらいくつもの見せ場を作った。2-1で勝利したチームは今季初の勝ち点3を獲得している。

 ビジャレアルの地元紙「エル・ペリオディコ・メディテラネオ」は、試合翌日の紙面で久保を「他とは異なる才能を備えた選手」と評価し、出場時間が短かったにもかかわらず6点(最高10点)を付けた。ビジャレアルで最も評価の高かった選手は、巧みな個人技で素晴らしいゴールを決めたG・モレノで8点だった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング