元伊代表FWが挙げたユベントス優勝のキーマンは? 「火星人」C・ロナウドにも期待

ヴィエリ氏(左)がユベントスについて言及…FWロナウドの存在も語る【写真:Getty Images & AP】
ヴィエリ氏(左)がユベントスについて言及…FWロナウドの存在も語る【写真:Getty Images & AP】

ヴィエリ氏がキーマンとしてキエッリーニに言及 「彼が好調なら…」

 現役時代に“重戦車”の異名を取ったストライカー、元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏が、セリエAの新シーズンを前にイタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」に見どころを語っている。ユベントスを優勝候補の本命としてキーマンを挙げた一方、新型コロナウイルスの影響にも言及した。

 ヴィエリ氏は1990年代後半から2000年代前半にかけて、インテルやラツィオ、イタリア代表などで活躍。相手を引きずっていくようなパワーあふれるプレーに“重戦車”という異名も取った。2002-03シーズンには、セリエAの得点王にも輝いている。

 昨季は新型コロナウイルスの感染拡大により3月中旬でリーグが中断になった。その時期に好調だったラツィオには大きな逆風になり、リーグ逆転優勝の機運もしぼんでしまった。それでもヴィエリ氏は「たらればを言えば、何もできなくなる。とにかくユベントスが困難な時期にも上手くやったということ」と、優勝したユベントスを讃えた。一方で、新シーズンも当面のところ無観客で行われることについて触れている。

「残念ながら、まだスタジアムには誰も入ることができない。だから、今は客観的に見て別のスポーツだと言える。もちろん最大限の安全性が必要なのだが、少なくとも部分的に観客動員が再開することを期待している。新型コロナウイルスは、いまいましいが深刻な問題であるため、誰もがこれを頭に入れておく必要がある」

 日本のJリーグでは部分的な観客動員が再開してるが、セリエAでもそのような措置が取られることへの期待感を示した。そのうえで、優勝候補の本命はユベントスだとして、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニをキーマンとした。

「キエッリーニがトップコンディションなら、スクデット争いが早期に終了する恐れすらある。彼らはすでに素晴らしいチームであり、他のチームよりも明らかに強い。そのうえでキャプテンの彼が好調なら、単に最終ラインが強化される以上の効果がある。彼はクオリティー、カリスマ性、フィジカル、精神力を持っている。フィールドでの彼の存在は他の人を魅了する」

 そのうえで、イタリアで3シーズン目を迎えるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)については「もはや火星人。止められないし、打ち倒すことはできない」と絶賛した。

 ユベントスは、アンドレア・ピルロ新監督の下で節目となる10連覇を成し遂げることができるのか。そして、「火星人」と称されたロナウドはどのような活躍を見せるのか注目だ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング