神戸フィンク監督が日本サッカーを称賛 欧州に連れていくなら「攻撃的な選手」

神戸のフィンク監督が日本サッカーについて語っている【写真:小林 靖】
神戸のフィンク監督が日本サッカーについて語っている【写真:小林 靖】

19年6月から神戸を率いるフィンク監督 「日本のサッカーは戦術的に優れている」

 ヴィッセル神戸を率いるドイツ人のトルステン・フィンク監督が、日本サッカーについて「日本のサッカーは戦術的に優れている」と評した一方、「もし私が監督としてヨーロッパで働くなら…」と欧州に連れて行きたい選手について語っている。ドイツのサッカー情報サイト「Fussball Transfer」が伝えた。

 フィンク監督はオーストリアのFKアウストリア・ウィーン、ドイツのハンブルガーSV、スイスのFCバーゼル、キプロスのAPOELニコシアなどで指揮。2019年6月から神戸を率いるなか、昨季はリーグ戦を8位でフィニッシュし、天皇杯でクラブ初タイトルを獲得するなど手腕を発揮している。

 日本を含め5か国のクラブで指導してきたフィンク監督は、「日本のサッカーは非常に速く、戦術的に優れている。後ろに立つだけのチームはほとんどないし、日本では攻撃的なサッカーが展開されている」と評価した。

 また「個人的には、もし私が監督としてヨーロッパで働くなら、日本のディフェンスを連れて行くことはないかもしれない。ミッドフィールダーや攻撃的な選手だろう」と明かしている。

 日本のディフェンス陣よりもアタッカー陣を高く評価しているフィンク監督だが、「もちろん、3バックの中央で活躍するような長谷部(誠/フランクフルト)のような選手もいる。スピードと技術があり、巧みにプレーする戦術家もいるけどね」と持論を展開した。

 フィンク監督が欧州のクラブで再び指揮を執った時、日本人アタッカーの補強も選択肢の一つとして挙がりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング