首位川崎、神戸に苦戦も…途中出場組の活躍で終盤に逆転! 3-2で撃ち合いを制す

後半からの途中出場で決勝点を決めたFW宮代大聖【写真:高橋 学】
後半からの途中出場で決勝点を決めたFW宮代大聖【写真:高橋 学】

途中出場のダミアン、宮代のゴールで川崎が神戸を撃破

 川崎フロンターレは9日、J1リーグ第15節でヴィッセル神戸と対戦し、ホームで3-2と勝利を収めた。今季首位を快走している川崎は、神戸のカウンターに苦しめられ、一時は逆転されるも、後半途中から出場した選手の活躍により、終盤に2ゴールを奪って勝ち点3を手繰り寄せた。

 3週間の間で3度目となったカードは、第1ラウンド(8月26日)の第24節で2-2と引き分けるも、第2ラウンド(9月2日)のルヴァンカップ準々決勝では6-0と川崎が圧勝を収めた。今回の第3ラウンドで、神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、川崎は元日本代表MF中村憲剛が欠場となった。

 試合は開始早々の前半8分に動く。左サイドでMF齋藤学がドリブル突破から放り込んだグラウンダーのクロスはクリアされるも、ペナルティーエリア手前で拾ったMF守田英正が強烈なミドルシュートを打ち込むと、これを相手DF渡部博文が手でブロックしPK判定に。キッカーを務めたFW小林悠が冷静に決めて先制した。

 しかし前半23分、相手FW藤本憲明がマークを背負いながら縦パスを反転して受け、川崎守備網の突破口を作り出す。前線にスルーパスを入れられ、ペナルティーエリア内に抜け出した相手FW古橋亨梧の一撃で同点弾を奪われた。その後は膠着した展開が続き、1-1で前半を折り返した。

 後半に入ってもポゼッションで攻め込む川崎、カウンターで反撃する神戸の構図がより明確となり、一進一退の白熱した展開となるなかで迎えた後半14分、スコアを動かしたのは神戸だった。右サイドに抜け出したMF山口蛍がグラウンダーのクロスを入れると、走り込んだFW藤本が押し込んで逆転ゴールとなった。

 川崎はチーム内得点王のMF三笘薫を含め、4枚の交代カードを切るも、勢いに乗った神戸のスピード感溢れるカウンターに苦しめられ、後半27分には裏を取った古橋に強烈なミドルシュートを放たれるも、バーに直撃し、最大の窮地を切り抜けた。

 すると後半38分、ペナルティーエリア内で途中出場のFWレアンドロ・ダミアンが倒され、PKを獲得。これをダミアン自身が決めて試合を振り出しに戻した。さらに直後の同40分、右サイドの素早い攻撃から、最後は途中出場のFW宮代大聖が右足でゴールへと叩き込み、値千金の決勝ゴールを奪った。試合はそのまま3-2で終了し、川崎が勝負強さを見せて勝ち点3を手繰り寄せた。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング