ネイマール、新型コロナ感染が判明と海外報道 PSGで3人目…地中海リゾートで感染か

PSGのブラジル代表FWネイマール【写真:AP】
PSGのブラジル代表FWネイマール【写真:AP】

ディ・マリア、パレデスに続いて陽性反応 さらなる感染拡大の恐れも

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールに、新型コロナウイルスの陽性反応が出たという。欧州各メディアが一斉に報じている。

 2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで決勝進出を果たしたPSG。多くの欧州出身の代表選手らがUEFAネーションズリーグのために母国に戻るなか、それ以外の複数の選手たちはスペインのイビサ島でオフを過ごしていた。

 ところが、地中海のリゾート地では新型コロナウイルスが蔓延していたという。PSGは8月31日に、クラブの公式サイトで「2選手が新型コロナウイルスに感染した疑いがある。彼らの健康状態は良好であり、すでに適切な健康保護プロトコルの対象となっている」との声明を発表。フランス紙「レキップ」はアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアと同MFレアンドロ・パレデスが感染したと報じていた。

 しかし、事態はこれだけで収まらなかった。PSGは9月2日の午後に、「3選手が検査で陽性反応を示した」という声明を発表。「レキップ」はディ・マリアとパレデスに加え、ネイマールも新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したとの速報を出している。

 イビサ島にはアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ、コスタリカ代表GKケイラー・ナバス、元スペイン代表MFアンデル・エレーラも訪れているとのことで、さらなる感染者が発覚する可能性もある。その場合はリーグ・アンの試合延期もあり得るという。今後の動向が注目される。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング