香川真司は「夢を追うことを望んでいる」 サラゴサ“残留”を希望と現地メディア報道

去就が注目されているレアル・サラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】
去就が注目されているレアル・サラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】

去就報道が過熱、バラハ新監督は「重要な選手になってほしいと期待している」

 スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司は、1部昇格を逃したことでその去就が注目されている。チームが1日からプレシーズンの練習を開始したなか、香川はまだ合流していないものの、スペインメディア「エル・デスマルケ」は「夢を追い続けることを望んでいる」と、日本人アタッカーが残留を希望していると報じた。

 香川は昨夏サラゴサと2年契約を結び、憧れの地であったスペインでの挑戦をスタートさせた。大きな期待を背負った開幕直後は好調を維持したが、体調不良などもあって次第にパフォーマンスが低下し、リーグ戦31試合4得点。チームも終盤に失速して3位に終わると、昇格プレーオフ準決勝で6位エルチェに2戦合計0-1で敗れ、リーガ・エスパニョーラ1部昇格を逃した。

 最大の目標を達成できなかったことで、スペインメディアでは香川の去就問題が過熱。中東のカタールやサウジアラビア、トルコなどからの関心、さらに日本代表MF久保建英が所属するビジャレアル行きの可能性も伝えられたなか、先月末には地元紙「スポーツ・アラゴン」が、香川の高額年俸を理由に、「レアル・サラゴサとシンジ・カガワが夏の市場での退団合意に向けて交渉中」と報じていた。

 移籍への動きが本格化したと見られたなか、「エル・デスマルケ」は1日から練習を開始したチームに香川の姿がないことについてレポート。今季からサラゴサを率いるルベン・バラハ新監督が、「チーム・アラゴン(=サラゴサ)の新プロジェクトで重要な選手になってほしいと期待している」としたうえで、香川がクラブの許可を得ているものの、書類の手続きによって予想以上にチームへの合流が遅れているのだという。

 そして「カタールからの重要な提案がある」と、香川に対するオファーの存在を示唆したうえで、「シンジ・カガワは昨季レアル・サラゴサとの責任を果たす意思を示しており、昨夏に達成した夢を追い続けることを望んでいる。それはスペインの大会でプレーすることにほかならず、目標はトップカテゴリーのラ・リーガ・サンタンデールの一員になることだ」と、香川がサラゴサ残留を希望していると伝えた。

 果たして香川は、サラゴサで再び1部昇格を目指す戦いに身を投じるのか、それとも新天地を求めるのか。31歳となった日本人MFの動向は、現地でも注目を集めているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング