横浜FM、70mを8秒で駆け抜けた圧巻のカウンター弾に海外脱帽「電光石火だ!」

横浜F・マリノスの鋭いカウンターからの得点に注目【写真:高橋 学】
横浜F・マリノスの鋭いカウンターからの得点に注目【写真:高橋 学】

自陣でボールを受けた仲川がドリブルで持ち込み、M・ジュニオールがフィニッシュ

 横浜F・マリノスは、29日に行われたJ1リーグ第13節でヴィッセル神戸と壮絶な打ち合いを演じた。試合は3-3のドローで痛み分けとなったなか、チーム1点目となったカウンター攻撃のスピードに海外メディアも「電光石火だ!」と注目している。

 敵地ノエビアスタジアム神戸に乗り込んだ横浜FMは、前半18分にFW藤本憲明にゴールを決められて先生を許してしまう。

 しかし、1点ビハインドで迎えた前半27分に横浜FMの攻撃が火を噴く。自陣でボールを受けたFW仲川輝人がスピードを生かしたドリブルを仕掛け、並走してきたFWマルコス・ジュニオールへパス。M・ジュニオールがペナルティーエリア内に持ち込み、鋭いグラウンダーのシュートでネットを揺らし、同点に追いついた。

 仲川がボールを持ってからゴールまでわずか8秒。約70メートルを駆け抜けた高速カウンターを、オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは「このカウンター攻撃は電光石火だ!」と称賛している。

 試合はその後、横浜FMが2点のリードを奪うも試合終了間際に立て続けに失点して3-3のドロー。悔しい結果となったが、巧みなカウンター弾は海外からも注目を浴びていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング