今季「CLベスト11」を英発表 王者バイエルンから5人、8強チームから“サプライズ選出”も…

(左から)ヨシュア・キミッヒ、ネイマール、ロベルト・レバンドフスキ【写真:AP】
(左から)ヨシュア・キミッヒ、ネイマール、ロベルト・レバンドフスキ【写真:AP】

英サイト「Whoscored.com」がシーズン平均採点を基に選出

 英サッカー情報サイト「Whoscored.com」が独自の採点を基にした2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベストイレブンを選定した。王者バイエルン・ミュンヘンから最多5人、準優勝のパリ・サンジェルマン(PSG)から3人が選出された。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも名を連ねたほか、ベスト8敗退のマンチェスター・シティから“サプライズ選出”があった。

 同サイトはデータ分析会社「オプタ」のスタッツを基に、独自の基準で10点満点の選手採点を行っている。シーズン平均採点によって今季CLのベストイレブンを決定した。

 最大勢力となったのは、やはり7年ぶり6度目の王者となったバイエルンだ。

 リスボンでのファイナルで決勝ゴールをアシストしたドイツ代表DFヨシュア・キミッヒを筆頭に、驚異的なスピードでインパクトを与えた19歳のカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス、司令塔のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ、今大会9得点のドイツ代表MFセルジュ・ニャブリ、そして15得点で得点王となったポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキまで5人が選出された。

 次いで準優勝のPSGからは3人。ゴールマウスを守るコスタリカ代表GKケイラー・ナバス、守備のマルチロールで得点力もあるブラジル代表DFマルキーニョス、そして背番号10を背負うブラジル代表FWネイマールが名を連ねた。

 この両クラブ以外では、ベスト4のRBライプツィヒから守備を支えたU-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノ、ベスト8のバルセロナとマンチェスター・シティから、それぞれアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが選ばれている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング